≪受付終了≫11月11日開催!月刊:よげんの書【11月号】

よげんの書は、生活の変化、環境や経済の変化など、社会課題を背景に、少し先の生活を考えるマーケティングセミナーです。10年以上、社会に対する「よげんの書」を書き発表を続けてきた「ソーシャリングラボ 大久保惠司」氏を講師に迎え、マーケティングに活かすべきテーマ・課題を皆さんと共に考えていくためのプログラムになっています。

7月より定期開催している本セミナーは、参加者のみなさまにご好評をいただき、今回で3回目の開催となります。今回は10月~11月に起こった社会のトピックスをタネにお話を進めてまいります。ぜひ、ご参加をお待ち申し上げております。

開催概要

開催日・開催時間

2020年11月11日(水) 16:00~17:00

会場

オンライン開催(ZOOMを利用)
11月9日にセミナー用URLをご連絡いたします。

定員・料金

定員:300名(料金無料)

プログラム内容

ソーシャリングラボ 大久保氏と、ドゥ・ハウス 舟久保より10の「よげん」を発表します。過去の開催時に発表した「よげん」は本ページ下部をご参照ください。

「よげん」のアーカイブ

月刊:よげんの書【9月号】

よげんの書:若者が消費と経済の復興を牽引する

  • Z世代のフィーメイルアイコンが人々を動かす
  • ラスト・ワンマイルの争奪戦が激化する
  • 若者が消費と経済の復興を牽引する
  • メンタルヘルスへの対応が急がれる
  • 新しい井戸端会議がはじまっている
  • 健全な精神は健全な肉体に宿らなくなる
  • 大企業の「B Corp」取得が増える
  • 混雑に嫌悪感が広がる
  • 日本の情弱ぶりが明るみに出る
  • テレワークが境界線を破壊する

月刊:よげんの書【10月号】

よげんの書:ブランドが顧客を選ぶ時代がやってくる

  • 環境配慮に対する圧力が、企業にも個人にも高まる
  • 5Gで複合現実(MR)の世界が広がる
  • 言いづらいことをはっきりと言う人が増える
  • 日常的にAiの力が試される。そして、その力が認められる
  • 日本の消費の復活は、高齢者のDXがカギとなる
  • ブランドが顧客を選ぶ時代がやってくる
  • アフターコロナのサプライチェーン戦略が変化する
  • うがい薬の買い占めで、日本の教育の特殊性が見えてくる
  • 政治がジェンダーギャップ解消の足を引っ張る
  • スクリーンニューディールが否応なしに立ち上がる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

株式会社ドゥ・ハウス 執行役員 聞く技術研究所 マネジャ

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)