講演資料|事実新聞TheOne フォーカストレンドセミナー2018『生活者視点で変化の鍵を見つける』

事実新聞TheOneにて特集したテーマについて、より深い分析と、仮説定義を加え、事例をベースにした情報をお伝えするセミナーを開催しました。今回のテーマは【変化】です。 年号の改元という節目を迎える前に、「平成」を振り返り、新しい時代でも「変わらないもの」、そして「変わっていくこと」をとらえるというテーマのもと、生活者視点で【求められる買場】【商品と理解】【主婦と家事】などの変化について紹介しています。  
目次

Focus1:買場の変化
ちょうどいいに応える小売りのあり方

ECが普及しているなか、平成に誕生した【リアル店舗】にフォーカスし、生活者のライフスタイルの変化とともに買場のあるべき変化について分析します。さらに、新しい時代に求められる【小売りのあり方】についても仮説を含めてご提案します。  

Focus2:商品と情報による売り手の変化
脳波から読み解く”心地よさを作り出す”接客の力

接客や店舗の印象が今後の買い物においてどの程度重要であるのか、商品の情報がWEB上にあふれる中、ニューロマーケティング(脳波測定)を用いて、紐解きます。 飲食店において店舗情報をインプットした人と初めて来店した人、それぞれの脳波を測定・比較した実証実験結果などをご紹介します。  

Focus3:生活者の変化
これからの主婦を考える~Liveディスカッション

主婦マーケターのDOさんと会場にてLIVEディスカッションを行い、現役の主婦たちが次の時代に残したいもの、そして変わっていってほしいという希望など、赤裸々に語ります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる