You are here: Home » ブログ » より具体的な利用イメージを伝えてファンとのつながりを深くする、動画を活用したコンテンツマーケティング。
Original Update by Ben Husmann

より具体的な利用イメージを伝えてファンとのつながりを深くする、動画を活用したコンテンツマーケティング。

テレビを持っていない世帯の増加やスマートフォンの普及により、様々なサイトで様々な種類の動画コンテンツが表示されるようになりました。

動画コンテンツの種類には、とにかく面白く作り拡散をさせる「拡散型」、TVCMなど既存のコンテンツをwebメディアに差し込む「差込型」、ユーザーが体験しているいる様子や使用後の感想などを語っている様子を活用した「テスティモニアル(後押し)型」、サービス利用者向けの「ハウツー型」など様々な種類のコンテンツがあります。

下記はターゲット層とその層に有効な動画コンテンツの種類とオススメ配信メディアを大きく分類したものです。

配信層とメディア

今回は、動画という具体的な利用イメージを見せることで生活者とのつながりを深めることができる、後押し動画、ハウツー動画について紹介します。

検討層には後押し動画を。レビューを見せることで検討層に利用イメージを持ってもらい、自分ごと化⇒購入へ。

有名人や一般のユーザーが実際にその商品、サービスを利用している様子や感想について動画に収めたコンテンツはテスティモニアル動画、後押し動画などと呼ばれています。

商品、サービスに興味を持ち、検討している層に効果的なのが後押し動画です。よく見るのはレビュー動画ですが、どんな使い方ができ、どんな良さがあるのかを音声、第三者の評価付きで閲覧することができるので、閲覧者は自分が利用しているシーンを具体的にイメージすることができるのが大きな特長です。

ザッポス(Zappos)では販売員が商品を見せながら特長をレビューする動画を1日に60~100個のペースで作成し、ECに活用しています。レビュー動画がある商品は動画がない商品よりも最高で30%コンバージョン率が高いという結果も出ており、後押しとしての効果がとても高く出ていることがわかります。また、Youtubeなどソーシャルメディアにはアップせず、あくまでサイト内に動画を設置することにこだわり、ユーザーの流出を防いでいます。

zappos

既存ファンには「また使いたい」と思わせるハウツー動画を見せて利用回数アップ。

ハウツー動画は既存顧客、ファン向けの内容になるため、それ以外の生活者に配信をしても意味がなく、広告などで配信をしてしまうとかえって悪い印象を与え動画コンテンツではテキストや静止画、テキストだけでは伝えにくい、より具体的な商品・サービスの利用イメージを伝えることが可能です。「こんな使い方もあるんだ」「また使いたい」と思ってもらえる動画を見せることで、商品の利用回数が増加し、ファンとのつながりが深まります。

また、ファンと長くつながり続けるためにはファンの「すぐ知りたい」にも対応することが重要です。コールマンの公式チャンネルでは、テントをはじめとした各商品の組み立て方を動画で丁寧に紹介しています。すぐ知りたいと思い手元のスマートフォンで検索をした際に公式のハウツーが準備されていると、ファンとの距離はぐっと近くなるはずです。

動画コンテンツではテキストや静止画だけでは伝えにくい、より具体的な商品・サービスの利用イメージを伝えることが可能です。

当社ではファンとより深くつながっていくためのソーシャルメディア、オウンドメディア運営の支援を行っております。コンテンツの企画からご一緒させていただきますので、お気軽にお声掛けください。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

株式会社ドゥ・ハウス マーケティング・コミュニケーション事業部 マネジャ

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。