サンプリングの効果を最大化するには、印象に残るシーンでターゲットに配布を行う

ソーシャルメディアやインターネット環境の普及で、商品の情報を多くの人に伝えることができるようになりました。一方で、商品の認知をさせることまではできても、多くの商品の中から自社商品を手にとって体験をしてもらうまではハードルがあります。 当社ではTR(トライアル・リピート)分析モデルを活用し、商品やサービスのリピート率に着目し、次のマーケティング施策のご提案をしています。 TRモデル リピート率が高いのであれば、サンプリングを実施し、多くのトライアーを獲得することで、その後の購買行動を起こすリピーターを増やすことが可能です。商品を手に取った多くの方に忘れられない体験をさせ、サンプリングの効果を最大化するために、当社では商品を配布する場所、シーンを重要視していいます。 下記、実際に当社で実施させていただいたサンプリング施策事例をご紹介します。

事例① 病院で診療を終えた子供お子さまに、頑張ったご褒美としてアイスをサンプリング。

・配布場所 : 病院(小児科) ・配布ターゲット : 小児科に来院したお子さま(親子) ・配布シーン : 診療・治療後に受付にて病院スタッフから、お子さまにご褒美としてアイスを手渡し
実施後、協力いただいた小児科のスタッフの方から、「注射後泣いていた子供もぴたっと泣き止み笑ってくれていました。」「もっと欲しいとせがむ子供にお母さんが、帰りに買ってあげるから。と声をかけていました。」「次回もぜひ。ポスターなどもいただければ病院内で大々的に告知したい」といったお声をいただきました。

事例② webではアプローチしづらい工事現場作業員に、コーヒーをサンプリング

・配布場所 : 建設業事務所 ・配布ターゲット :建設業で日々汗を流している男性 ・配布シーン : 作業の休憩タイミングまたは作業終了後に、事務所スタッフから手渡しで配布
任意での飲用後アンケートを実施したところ、半数以上の事務所からアンケートの返送がありました。「仕事後に飲むのにちょうど良いと思った」「今後休憩の度に飲みます」「これからも現場近くに売ってないか気にするようにします」などの嬉しいお声をいただきました。 上記のように、ターゲットにあわせて場所、シーンを検討しサンプリングをすることで、「あの時にもらった商品だ」と記憶してもらうことができます。 当社では100通り以上の配布シーンから、商品にあったターゲットに対し、印象に残るシーンで配布できるルート、配布方法をご提案します。 現在、配布できる商品数に限りがあるという声にお応えし、適切なターゲットに商品内容をweb広告でリーチするオプションを無料でお付けしています。お気軽にご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

株式会社ドゥ・ハウス マーケティング・コミュニケーション事業部 マネジャ

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる