ソーシャルメディアのポジティブな声を自ら探してつながりを広めていくためのアクティブサポートの実践例

当社ではFacebookやTwitter、最近ではInstagramを活用したプロモーションを展開しています。その根底にあるのは「今、商品を好きで使っている方々とつながること」です。製品を使っている生活者をファンとし、ファンとの交流の場をソーシャルメディア上に展開しています。

企業アカウントから情報を発信し、ファンはそれを聞いて新たな意見を発信する。商品やサービスについて、情報の発信やコミュニケーションがより簡単に行いやすくなったのがソーシャルメディアの素晴らしいところです。

今回は、普段、当社で行っているソーシャルメディア運営とは異なる取り組み方、“ソーシャルメディアのアクティブサポート”についてご紹介します。

ソーシャルメディア活用の幅を広げるアクティブサポート

アクティブサポートという言葉は、ソーシャルメディア上で展開されている、「今、その商品を使ってくれているファン」の声を探し、進んで関わろうとする取り組みを指す言葉です。対義語として、”パッシブサポート”があり、それぞれを以下のように定義します。

定義

ぜひ、ソーシャルメディア上で自社製品名を調べてみてください。商品を試して良かったというポジティブな情報が多く出回っています。また、時には商品について困っている、疑問に思っていることを発信している方がいます。ポジティブな情報を発信している方、もしくは発信をし続けている方が、「今、商品を好きで使っている方々」です。この方たちと交流の場を設けていこうとするのがアクティブサポートです。

当社のソーシャルメディア運営でも、アクティブサポートの考えを取り入れた施策があります。たとえば、運営しているFacebookぺージの中でのブログ紹介です。ポジティブな情報を発信している方を検索ツールを用いてピックアップし、その方にコンタクトを取り、Facebookページへの掲載許可を取ります。掲載許可をいただけたら、実際にお使いいただいている方の声として、投稿します。

ブログ掲載までの流れ

Facebook、Twitter、Instagramといったソーシャルメディアの最大の魅力は、生活者との交流の場が気軽に持てることがです。ソーシャルメディア上で発信されている情報を検索するツールも充実してきています。自社製品がどのようにソーシャルメディア上で発信されているかをリアルタイムで知ることができます。

  • どういった情報に対応すればよいかわからない
  • ソーシャルメディアで製品について取り上げてもらいたい
  • ソーシャルメディアを使ってファンづくりをしたい

こういったご要望にお応えできます。ソーシャルメディアのアカウント開設から各種の運営支援までノウハウがありますので、ぜひお気軽にお声がけください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

株式会社ドゥ・ハウス マーケティング・コミュニケーション事業部

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる