You are here: Home » ブログ » Instagramで生活者の声を「聞く」コミュニケーションのご紹介
Original Update by Patty Lagera

Instagramで生活者の声を「聞く」コミュニケーションのご紹介

高機能なカメラを搭載したスマートフォンや高性能なカメラアプリの登場により、クチコミはテキストからビジュアルへと大きな変換期を迎えました。

モバイル機器で撮影した写真を、オシャレに加工して共有できるSNS『Instagram(インスタグラム)』では、ユーザーが商品のハッシュタグとともに、商品が写されたオシャレな写真(ビジュアルなクチコミ)を投稿しています。フォロワーに商品を推奨したり、自らブランドとつながろうとしている商品の愛用者がInstagram上にはいます。

今回は、Instagram上に顕在化している商品の愛用者の声を迎えに行き、その声をより多くの人にみてもらうためのコミュニケーションをご紹介します。

Instagramとは

Instagramは、写真に特化した無料SNSで、「素敵な写真×ショートメッセージ」が投稿の特徴です。文章やリンクなどコンテンツ過多なFacebookやTwitterと比べ、閲覧のストレスが少ないため、情報疲れした生活者から圧倒的な人気を得ています。タイムライン上では、友達やクリエイターの芸術性あふれる作品が並び、まるで美術館を訪れたような気分を味わえます。

この1年間で、日本のInstagramの利用者数は2倍以上の規模に成長しました。また、アナリティクスツールと広告サービスが近日リリースするという発表があり、アカウント開設やキャンペーンを検討する企業やブランドも増えています。

Instagramを活用したマーケティングの利点

では、なぜInstagramがマーケティングに活用できるのか。利点をまとめます。

①若年層がコアユーザー

Instagramのユーザーは、約7割弱が女性となっており、女性が多くを占めます。また、年代別比率では18-29歳が43%を占めるため、Facebookではアプローチしにくかった若年層に、情報を届けることができます。

②ハッシュタグを活用したコミュニケーション

Instagramでは、『#:ハッシュタグ』の文化が非常に浸透しており、写真投稿の際にハッシュタグを任意で設定することで、世界中の同じ興味・関心を持つ人、行動した人とのコミュニケーションが始まります。また、ユーザーはハッシュタグを「気になる商品や情報を検索するため」にも利用しています。企業アカウントは、商品のハッシュタグをつけた投稿をすることにより、商品の愛用者とつながり、ビジュアルを通して新たな商品の楽しみ方を、商品の愛用者とともに共創することができます。

③商品愛用者のポジティブな声を探しやすい

商品の愛用者は自ら商品の写真を撮影し、Instagramで投稿しており、フォロワーに対して商品を紹介・おすすめしています。「#商品名」と検索するだけで、商品の愛用者の声を探し出すことができるのです。また、必ず画像を載せて投稿というInstagramのスタイルにより、クチコミは写真に合ったポジティブなものが多くなる傾向があります。

Instagramで顕在化する商品愛用者の声 (#銀河高原ビール)

ドゥ・ハウスが、Facebookページの運営を支援する「銀河高原ビール」さんでは、以下のような商品の愛用者からのポジティブな声がInstagram上に投稿されています。

銀河高原ビール

生活者の声を迎えに行き「共感」し「ホメる」

これが、ドゥ・ハウスがソーシャルメディアを運用する際の基本姿勢です。

  • 商品を使って、ポジティブな感想をInstagram上に残している商品の愛用者を「#(ハッシュタグ)検索」で検索します。
  • 投稿に対し企業から「いいね!」を押し、商品の愛用者の声をそのまま企業アカウントで掲載します。
  • 商品の愛用者たちは自分と同じ立場の人たちのクチコミ情報から「共感」を得られ、声の発信者たちも満足を得て、商品へのロイヤリティを形成することにもつながります。

ドゥ・ハウスは、【Instagramの開設・運営サービス】から【Instagramを活用したキャンペーン】まで、幅広くご支援させていただきますので、お気軽にお声がけくださいませ。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。
本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。