夏休みに一人で食事をする「我が子」にも提案するチラシの力|事実新聞 (vol.60:3ヶ月後のチラシ面)

事実新聞とは
生活者の購買現場をじっくりと観察、店頭で起きていることを「事実」データとしてクイックにお届けし、メーカーをはじめとする企業のマーケティング活動をサポートする情報誌です。当ブログでは誌面のコーナーごとに抜粋して紹介します。新聞紙面は以下より閲覧・ダウンロードができます。
毎週欠かさず新聞に折り込まれるスーパーのチラシ。主婦はどのような目線でチラシを見ているのだろう。今回は2014年8月のチラシから、主婦が何を見ているのか探った。
8月 チラシ特売データ
タイトルNHK「きょうの料理」でつくるもう一度みたい!
小林カツ代のベストおかず
チェーンイトーヨーカドー
売出し開始日2014年8月4日
チラシ折込日8月4日月曜 8:00頃
天気・気温曇 最高34.0℃ 最低27.0℃
家族構成本人(35) 夫(43) 長男(11)
事実新聞60号_3ヶ月後のチラシ特売データ
目次

心のつぶやき~主婦から見たチラシ~

  • チラシから季節を感じた上で食べるシーンを想像する
  • 暑い夏でも簡単にエネルギーを摂りたい
  • 子どもだけの食事もバランスよく食べてほしい
朝から暑く家事をしたくはないが、夏休み期間で子どもが家にいるため、昼も献立を考えなければならない。何か手軽で簡単に調理ができるものがないか興味を持ってチラシを見ている。

チラシから季節を感じた上で食べるシーンを想像する

チラシに掲載された新米を目にしたことで季節の移り変わりの早さも感じていた。夏休み期間中のため、子どもの食事を作る頻度が増え、毎日の食事に欠かせない米のチラシに興味を持っている様子が伝わる。献立を考える毎日の中で、チラシから「季節」を感じ、食べるシーンを想像している様子がうかがえた。

暑い夏でも簡単にエネルギーを摂りたい

チラシを全て見た上で最も欲しいと思った商品は「ハウスカリー屋カレー」だと答えている。「夏の暑い日にレンジで簡単に調理ができるため」というのがその理由だ。他にも、「夏は暑さが厳しく、火を使った調理はなるべくやらずに済ませたい」と言う思いもある。手軽に調理をし、暑い夏でも簡単にエネルギーを補給したいという様子がうかがえた。その上、このチラシでは普段の購入金額よりも安い価格で掲載されていたためより魅力に感じていた。

子どもだけの食事もバランスよく食べてほしい

日頃から、子どもに栄養のあるものをとってもらいたいと感じている。野菜ジュースを見て自分が仕事でいない時に子が飲むように買い置きをしておこうと注目をしている。共働きで家にいない間も、子どもの健康を案じる親心がチラシを見る目から感じられる。 共働きの家庭では子ども一人での食事も少なくない。普段の食事は勿論、食が細い子どもだけで栄養が手軽に摂れるようなものが求められている。チラシには、季節の移り変わりを実感させる効果や毎日の献立の提案だけでなく、その献立を食べてもらいたい「大切な誰か」のために商品を提案する力があると言えるかもしれない。  
分析方法
ドゥ・ハウスのフィールドマーケターである主婦の「DOさん」が、『チラシ折込日の天気・気温』および『チラシ画像データ』を見て、日々の生活シーンを元にイメージデータを作成した。尚、チラシ画像上の番号はある主婦がチラシを見た際の視線の動きを示している。チラシの情報は全国500 チェーンの中から厳選した16 チェーンのチラシ「紙面」「タイトル」情報や約20,000 店のチェーンストアの所在情報を収集・公開している全国チラシ情報サービスセンターから引用した。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

事実新聞は、生活者の購買現場をじっくりと観察、店頭で起きていることを「事実」データとしてクイックにお届けし、メーカーをはじめとする企業のマーケティング活動をサポートする情報誌です。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる