You are here: Home » 調査結果 » 店頭リサーチ » 「北野エース」を利用している主婦の買い物行動を追跡|事実新聞 (vol.59:今日の買い物主婦面)
Original Update by Polycart

「北野エース」を利用している主婦の買い物行動を追跡|事実新聞 (vol.59:今日の買い物主婦面)

事実新聞とは
生活者の購買現場をじっくりと観察、店頭で起きていることを「事実」データとしてクイックにお届けし、メーカーをはじめとする企業のマーケティング活動をサポートする情報誌です。当ブログでは誌面のコーナーごとに抜粋して紹介します。新聞紙面は以下より閲覧・ダウンロードができます。

ドゥ・ハウスのフィールドマーケターである主婦の「DO さん」の山本さん(仮名・53 歳)がある日のご自身の買い物行動について、『行動』と『つぶやき』にわけてデータを作成した。

店名・店舗名 北野エース 多摩センター三越店
家族構成 夫(55) 長男(25) 長女(23) 次男(21)
日付 2014年10月26日(日)
店に入った時間 12時50分
店から出た時間 13時50分
同伴者 なし
買い物手段(歩き、車、自転車等) 電車
天気・気温 晴れ・22℃

今日の買い物主婦

明日、母の家に行く予定。退院後3週間位なので今は3日毎に通ってる。母へのお土産も探したい。土日は「ハロウィンin多摩センター」のイベントをやってるはず。それも観たい。まずは北野エースで母へのお土産を探し、何か美味しそうな食材や調味料があったら買っておきたい。その後、駅前の『新鮮市場』で特売の野菜、肉を買おうかな。

事実新聞59号_買い物主婦の導線

入り口には北野エースの目玉商品が並ぶ

1.北野エースの入り口真正面の特設コーナーに2160円の福袋が並んでいた。一番手前の袋が開いていて、内容を確認。手に取りかける。

「キタノセレクション ハッピーバック」は結構大袋で重たい。中身は一袋990円のかつおだしやカレールー、スープなど7点でオトク感はある。でも、すごく欲しい物ではなくあったら便利という程度の内容だ。内容確認している人が続々いたけど誰もカゴに入れないし、イマイチなのかな。

2.「小倉のーら」が山積みにしてあった。少し迷ってカゴに入れかけた。

毎朝、ヨーグルトや牛乳にグラノーラを混ぜて食べるのが習慣になっているわが家。特に長女と長男がハマってて、朝食代わりに食べてるからすぐにグラノーラがなくなる。でも先日まとめ買いしてしまった。それがなかったら、この小倉あん入りも食べたかったな。

3.2種類の「味付けたまご」が置いてあった。パッケージを見ると、片方は味付たまご、もうひとつは塩味たまごだった。迷いながら結局、棚に戻す。

味付たまごは次男が大好き。このうずらの卵なら日持ちするし、食べたい時に食べられるのは魅力的だけどすぐになくなってしまいそう。22個で711円と高値なのもちょっとね。半額くらいだったら即買いなんだけどな。

ご当地ならではの商品が所々に

4.「焼き干しいも」を発見。お気に入り品なのですぐにカゴに入れたけれど、その後、結局棚に戻した。

夫婦で茨城出身で、干し芋が大好き。丸成商事の商品は常磐高速のSAか北野エースでしか売っていなくて、柔らかくて甘くて美味しくてリピートしているお気に入り品。すぐカゴに入れたけど、差し歯の治療中だと思いだした。治療が終わってからにしよう。

5.「満福どら焼き」が並んでいて、皮よりも餡のボリュームがすごいのを手に取って確認する。値段を確認し棚に戻したけど、その後、奥の棚のエンドコーナーで120円値引き品を発見。お試しに買ってみようと1個、カゴに入れた。

餡が半端ないボリュームのどら焼き。もはやコレはどら焼きじゃない、餡が主役では?餡ばっかなのに「すっきりした甘さ」と書かれた商品紹介が気になる。でも1個259円は高すぎる。と思ったら値引き品を発見した。120円引ならイイかな。

チーズなどおつまみなどに使える商品も豊富

6.何か珍しい商品はないかとチェックしていたら、ブルサンのチーズが3種類、沢山並んでいた。値段を確認すると702円。特売じゃないんだと思った。

クラッカーに乗せてワインのおつまみに戴くのが家族全員大好き。ガーリック&ハーブが一番風味がおいしい。定価は高いので特売時にまとめ買いしている。三和スーパーやカルディで特売になることがあるのだけれど、北野エースではなかなか特売にならないのよね。400円位なら即買いなんだけどな。

7.「サラダに!まめ&ひじき」が並んでいる。ひじき入りの方をカゴにパッと入れた。

大豆、赤いんげん、ひよこ豆、青大豆の4種の豆に加えてひじき入り。パッケージの透明部分から中身の様子も見えて、彩りの良さも伝わってくる。これは調理済で生野菜サラダにそのままトッピングできて便利なのよね。酒のつまみにもできるし。せっかくなら、ひじきが入っている方が海藻の栄養も加わっていいよね。

8.「サラダに!まめ&ひじき」の隣に「塩えんどう」も並んでた。これも以前買ったことがあると思い出し、パッケージの裏書の内容量を確認してからカゴに入れた。

夫が「酒のつまみに食えていいよな」と言ってカゴに入れてた。長男もこれ、気に入って食べてた。パッケージの「まめごはんに」というのも今度はやってみたい。量も140g入ってるから、半分はまめごはん、半分はおつまみにしよう。

9.豆腐コーナーで、「山形のだし」が目にとまった。パッケージに「12品目」と大きく書かれていたので内容を確認。特売価格なのも確認しカゴに入れた。

これは家族全員大好きで、特に夫は夕食のご飯代わりに豆腐を食べるので、それにかけて食べるのがお気に入り。この商品はいつものとメーカーが違うけど、12品目も入っててスゴイ。色んな栄養を一気に摂れてすごく美味しそう。しかも50円引!これは即買いだわ。

普段使う物やお菓子も豊富

10.信州味噌が特売になっていたのを見て、何か珍しい味噌がほしいと思い、味噌のコーナーに移動。麦みそのカップタイプで棚を見渡すと、フンドーキンの麦みそが目にとまる。透明のカップで中味がよく見えるので、中の色味、麦の形状を確認しカゴに入れた。

このメーカーはおいしい味噌や醤油を出しているのよね。麦みその色味、麦の入り具合も美味しそう。500gカップだからお試しするのにちょうどいいサイズ。量でみると欲しいチョーコーよりも割高な価格だけど、フンドーキンの麦みそは食べたことがないから、お試しで買ってみようかな。

11.明日、母の家に行く時の手土産用のお煎餅を探そうと米菓がズラリと並ぶ棚に移動。「味のよそおい 海老マヨネーズ」が目にとまり、内容量を確認してからカゴに入れた。

退院後の食事制限も解除になり、おやつタイムも楽しみ始めた母だけど、量はそんなに食べられないのよね。個包装になっていてちょこっとの量を楽しめる方がいい。この商品なら一口サイズだし、海老マヨネーズの風味、母も喜んでくれそう。パッケージデザインもお洒落感があっていいわ。

12.「じゃがバター」風味の煎餅も隣りに置いてあった。サイズも内容量も同じくらい。個包装になっているのを確認し、ほとんど迷わずにカゴに入れる。

母への手土産で、そんなに量は食べないとはいえ、1種類だけではさみしい。2~3種類は持っていきたいな。味は「じゃがバター」で風味も良さそうだし、一口サイズで食べやすそう。

13.お煎餅の棚をぐるりと見渡していたら、「うす焼せん六種」も目にとまった。中の形状とメーカーを確認すると、錦豊琳だった。ちょっと迷ったけど、結局、カゴに入れた。

可愛らしいサイズのうす焼煎餅が6種類もあり色んな味を楽しめるから、母が喜びそう。この煎餅は初めてみたけど、彩りも綺麗で魅力的。私も食べたいくらい。個包装じゃないのは残念だけど、母が食べきれなかったら一緒に食べてあげればいいよね。

価格や量を考えて諦める商品も

14.「あご入りだし」の試飲品がポットと紙コップと共に置いてあったので試飲だけしてみた。

以前も試飲したことがあったけど、すごく美味しかった。セルフサービスになっていたから飲んでみたけど、やっぱりおいしい。でも25回分で990円は高く感じる。特別な日、ホームパーティ用のサイズでこの半分量、半値くらいなら買いやすくていいんだけどな。

代名詞のカレーの棚は圧巻。各地の珍しい種類を扱う

15.北野エースは珍しいレトルトカレーが置いてあるのも楽しいので、カレーコーナーをのぞいてみる。「大人のための贅沢カレー」が2個+柚子ポンのセットがあるのが目立っていた。気になったけど、購入はしなかった。

「大人のための贅沢カレー」って前々から気になってはいたのだけど、価格が高いので買ったことはなかった。2パックに柚子ポンがついて2000円はやっぱりなかなかの価格。贈答でもらったら嬉しいけれど、自分用にはなかなか勇気が出ない。手に取りつつ、特別な日とかじゃないと買えないなぁ。

16.レトルトカレーコーナーの下の段の方に置かれていた「水戸納豆カレー」が目にとまる。パッケージのイラストと納豆入りという味つけが気になった。

調布店では何回かご当地レトルトカレーを買ったことがあり、その時にも気になっていた「水戸納豆カレー」。水戸出身だけどこのカレーは食べたことがないのよね。でも納豆カレーって粘るのかな。買うのは勇気が要るわ。

北野エースの買い物より

今日の山本さんは、駅前のイベントを観たいを思い、電車でお出かけ。店内では、家族の好きな商品を探しつつ、普段のスーパーではあまり見ない物を見つけては足をとめていた。

北野エースの代名詞とも呼べるレトルトカレー売り場でもご当地カレーを見て珍しいものを見つけていた。他にも、やはり、所々で北野エースならではの品揃えの豊富さが伺える。特にお菓子類ではどら焼きや煎餅など珍しいものを見つけて手に取っている。出身地近くでしか買えないものもここにあるとわかり喜んでいた。

今回の買い物でも、北野エースならではで、地方から取り寄せないといけないようなニッチな商品まで取り揃えている様子が伺え、人気の秘訣が垣間見えた。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

事実新聞は、生活者の購買現場をじっくりと観察、店頭で起きていることを「事実」データとしてクイックにお届けし、メーカーをはじめとする企業のマーケティング活動をサポートする情報誌です。

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。