キャンペーンを“ソーシャル化”することで本当に応募者は増えるのか?

Original Update by JD Hancock
ソーシャルログイン機能を実装したキャンペーンについて、これまでも聞く技術研究所のブログで紹介してきました。 ・既存顧客のシェアの力で新たな見込み客をつれてくる「ソーシャルキャンペーン」の可能性「ソーシャルログイン機能」を活用したキャンペーンサイトの導線を紹介します キャンペーンサイトに「ソーシャルログイン機能」と「キャンペーンシェア機能」を実装することで本当に応募数が増えるのかを、これまで当社が支援したソーシャルキャンペーン5件の平均値からお伝えします。

応募者の約5人に1人が応募後にキャンペーン情報を友人にシェアする

応募完了画面(サンキューページ)にFacebook、twitterでのシェア機能を設置することで、応募者のうち19%が応募後にキャンペーン情報を友人にシェアしています。キャンペーンサイトへの誘導広告施策によって集めたキャンペーン応募者から、より多くの生活者にリーチが可能です。

1応募者のシェアが新たに2人の生活者を連れてくる

次にシェアされた情報によりどれだけの人が新たにキャンペーンサイトへ来訪しているのか、平均値を出しました。1応募者のキャンペーン情報のシェアのクリックは平均して2.2クリック。 仮に広告や既存顧客への案内などで獲得した応募者が10,000人だとすると、応募後にシェアをしてくれる人数が19%で1,900名。この1,900名が2人ずつ連れてくる計算だと、3,800名の新たな生活者がキャンペーンサイトに来訪することになります。 例 このように具体的に数値を見てみると、ソーシャルメディアによるシェアの力、生活者のシェアの力を感じられます。「ソーシャルログイン機能」を用いたキャンペーンページにご興味のある方は気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

株式会社ドゥ・ハウス マーケティング・コミュニケーション事業部 マネジャ

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる