事実新聞

事実新聞 74号(2020年12月)

10−11面
事実新聞 74号(2020年12月)10−11面

テーマ

「エシカルな商品」からのアイデア発想

アプローチ

解体親書
– ウォンツを探りアイデアを発想する!

STEP1.
テーマ商品を使って感じた「よいこと」「よくないこと」を定性データ化(評価データ・不評価データ)

STEP2.
定性データを類型でまとめウォンツを抽出

STEP3.
ウォンツをもとにラテラルシンキングでアイデア発想

トピックス

地球のためだけでなく、自分がうれしいという付加価値も必要

  • 本物への不満だけでなく代替品への不満も同時に解消される
  • 商品を使用するだけで自然にエシカル消費を実践できる
  • 使い捨てにしない、自分で再利用できる、ゴミが残らない
  • 「協力」ではなく生活面での付加価値をいかに生み出せるか

<紹介アイデア>

  1. ヘッド交換型 葉ブラシ
  2. 変身!エコ溶液
  3. エコレシピ付き Eco Do
  4. 芳香剤になる保冷剤

バックナンバー:20202018~20172016~20142013~20112010~20082007~20052004

無料ダウンロードお申込みフォーム

下記に入力いただいたメールアドレス宛に、紙面(PDF)をお送りいたします。

は必須項目です。

調査実施のご経験

お問い合わせフォームよりご送信いただく、お客様の個人情報は、当社の個人情報の取扱いに従い、厳重に取り扱います。

入力いただいたメールアドレスあてに、紙面をお送りいたしました。

入力頂いたメールアドレスに間違いがある場合など、メールが届かないことがございます。

メール不達や不具合などございましたら、お手数をおかけいたしますがdh_toiawase@dohouse.co.jpまでご連絡いただきますようお願いいたします。