KEYWORDS : 飲料

近年、海洋中のプラスチックによる汚染や気候変動などとの関係が注目されています。その様な中で、日本でも企業による脱プラスチックの動きが出てきています。生活者は脱プラスチックについてどのようにとらえているのか調査しました。

ペットボトル飲料のメジャーなサイズは、350ml、500ml、1.5Lですが、生活者からみてその容量は適量なのでしょうか?お茶・麦茶・ジュース・炭酸飲料・コーヒー/コーヒー飲料などについて、味・風味の変化を感じるかなどを調査しました。

全調査結果の無料ダウンロードはこちら 2019年も様々なヒット商品・話題の商品が生まれました。今回は、主婦のフィールドマーケターにヒット商品・イチオシ商品に関するメールアンケートを実施しました。日々アンテナ高く、色々な商 […]

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。2019年9月は「秋のお彼岸」などのイベントともに「増税」が行われた時期でもあります。各社のチラシはどのような決行であったのか分析いたしました。

今では多数存在するプライベートブランドですが、1960年ごろから存在はしていましたが、あまり存在感のあるものではありませんでした。プライベートブランドが本格的に立ち上がったのは、2008年のヒット商品やヒット番付で選出された2008年頃になります。それから11年、プライベートブランドは生活者にとってどのような存在なのか調査を行いました。

夏といえば海というイメージがありますが、実際にはどれくらいの人が海に行っているのでしょうか?
海に行くときに買うものや海で人気の食べもの・飲みものなどについて調査しました。

食品売り場では、1つのカテゴリーに値段も機能も訴求も様々な商品が多数並んでいます。買い物する人(ショッパー)はどのように商品を選んでいるのでしょうか?
食品のカテゴリーごとに、ショッパーのスタイルを4つに分類(「ブランド重視派」「じっくり吟味派」「コスパ重視派」「気分重視派」)、調査しました。

近年、街中でスムージーの専門店や、モデルなどのスムージーや野菜飲料のクチコミを多くみかけるようになりました。
本調査では普段からコンビニエンスストアで購入している飲料について聴取し、さらに野菜飲料やスムージーを購入している人に飲用する理由などについて聴取しています。

毎シーズン様々な新商品が発売されています。それら新商品をどのように知っているのか、多くの企業が実施しているサンプリングプロモーションは購入の後押しになっているのかなど、生活者の実態を探ります。

特定保健用食品(トクホ)飲料や機能性表示食品飲料を見かけることが増えてきました。その認知度や飲用状況、魅力を調査いたしました。