KEYWORDS : 購買行動

今では多数存在するプライベートブランドですが、1960年ごろから存在はしていましたが、あまり存在感のあるものではありませんでした。プライベートブランドが本格的に立ち上がったのは、2008年のヒット商品やヒット番付で選出された2008年頃になります。それから11年、プライベートブランドは生活者にとってどのような存在なのか調査を行いました。

店頭・広告・WEB上には、商品をアピールするためのキャッチコピーが溢れ、様々なプロモーションが行われています。生活者が惹かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションはどのようなものでしょうか?今回の調査では、アテンションをとるためのキャッチコピーや、サンプリングやインスタグラムなどのプロモーションの影響度合いについて調査しました。

日用品売り場では、1つのカテゴリーに、香りに合わせカラフルで優しい色のもの、効果を訴求したもの、価格訴求をするものなど様々な商品が多数並んでいます。
この多彩な商品の中から、買い物する人(ショッパー)はどのように商品を選んでいるのでしょうか?
日用品のカテゴリーごとに、ショッパーのスタイルを4つに分類(「ブランド重視派」「じっくり吟味派」「コスパ重視派」「気分重視派」)、調査しました。

食品売り場では、1つのカテゴリーに値段も機能も訴求も様々な商品が多数並んでいます。買い物する人(ショッパー)はどのように商品を選んでいるのでしょうか?
食品のカテゴリーごとに、ショッパーのスタイルを4つに分類(「ブランド重視派」「じっくり吟味派」「コスパ重視派」「気分重視派」)、調査しました。

スーパーには、同じ商品でも小分けされた少量のものから大容量のものまで、様々なサイズものが売られています。年代や世帯構成、性別によって、購買する容量に差はあるのでしょうか?
今回の調査では、野菜・肉・調味料の容量について20代の若者から70代以上のシニアを対象に調査を行いました。

スーパーでは老若男女様々な人が買い物をしていますが、年代や世帯構成によって、購買行動に差はあるのでしょうか?今回の調査では20代の若者から70代以上のシニアを対象に購買行動に関する調査を行いました。ここではシニアの購買行動を中心に記載しています。

若者のSNS利用が盛んになっていますが、少し上の世代30代・40代はSNSをどのように利用しているのでしょうか?今回の調査では、利用しているSNSや投稿頻度について調査を行いました。

2019年のゴールデンウィークは10連休ともいわれ、楽しみにする声・懸念する声などがメディアで取り上げられています。大型連休となる今年のGW、生活者はどのように過ごそうと考えているのでしょうか? 勤務形態によって異なるのか、主婦はどう考えているのかなど調査を行いました。

今年(2018年)にヒットするサービスとして、年初に注目されていた「ミールキット」。2018年が終わる今、認知や経験率はどれくらいになったのでしょうか?調理時短アイテムとして食卓で利用されてきた「惣菜」「冷凍食品」と比較するとどのようなイメージを持たれているのでしょうか?同じく注目されていた「家事代行」と合わせて調査を行いました。

お肌の乾燥が気になる時期になりました。本調査では女性の「スキンケア」について、どんなアイテムを使い、どこで、どんなきっかけでその商品を購入したりしているのかなどをヒアリングしています。