KEYWORDS : 購買行動

感染症拡大の抑制に伴う行動制限で、家でお買い物ができることができるECサイトの利用頻度が多くなっているでしょう。
本調査では、複数のECサイトの使い分け方や購入時の重視点、また、サイト別の満足度、閲覧する時間帯、購入する商品などを調査しました。

テレワークが多くなってきた中、女性のスキンケア・メイクアップに対する行動も変化していると言われています。2018年10月調査との比較し、コロナウイルスの流行後、どんな変化があったのかを探りました。

お肌の乾燥が気になる時期になりました。本調査では男性の「スキンケア」について、どんなアイテムを使い、どこで購入し、どんなきっかけで使用しているかなどを調査しています。また、新型コロナウイルスで変わったスキンケア事情についてもヒアリングしています。

店頭・広告・WEB上には、商品をアピールするためのキャッチコピーが溢れています。生活者が惹かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションはどのようなものでしょうか?
今回の調査では、2019年に調査した「商品のキャッチコピー」に関する調査結果をさらにパワーアップさせ、【食品/飲料/日用品/化粧品】などの商品カテゴリ別に調査しました。

2020年7月からの全国でプラスチック製買物袋の有料化が導入されました。
今回は、プラスチック製買物袋の有料化によって、エコバックの活用状況や脱プラスチックの意識はどのように変化するのか調査しています。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、いつものレポートとは異なり、新型コロナウイルスの影響で大きく変化したチラシ発行の現状や、その内容の変化について、弊社カバーしているすべてのチェーンのデータからレポートしました。
新型コロナウイルスによって、チラシはどのような影響を受けているのでしょうか。

新型コロナウイルスは、どのぐらい人々の生活に変化をもたらしているのでしょうか。
今回は、当社がネットワークしている20代~60代の主婦マーケター「DOさん」に普段の家事や買い物、家族との関わり方、新しく始めたことなどを、お聞きしました。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、2020年3月の地方フェアに関するチラシに注目しました。『地方フェア』企画はやや増加しており、以前より人気のある北海道・沖縄に限らず、各地域の商品を集めたフェアの実施が見られました。また、メニュー提案では駅弁や海鮮丼などの出来上がったものだけではなく、ご当地料理として、ご当地食材と地域の食べ方を合わせて提案するケースも多く見られました。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、2020年2月のひなまつりに関するチラシに注目しました。ひなまつりは家族みんなで楽しむ提案が目立ち、「ごちそう・パーティー」の企画や「アルコール系商品」の提案回数が多い傾向となりました。また、2020年はうるう年でしたが、その影響はチラシに出ているのでしょうか。

総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)、ドラッグストア(DRG)、ホームセンター(HC)などで発行される折込チラシを分析することで、店頭での販促企画を知ることができます。
今回は、2020年2月の節分に関するチラシに注目しました。節分企画は2019年と比べ、やや増加傾向となっています。掲載期間の長期化により、時期によって提案内容を変化させるなどの工夫もみられます。またチラシには、新型コロナウイルスの影響が出ているのでしょうか。