「インフルエンサー(インスタグラマー)」へのインタビュー

全調査結果の無料ダウンロードはこちら

Instagramは、画像、『ハッシュタグ(#)』、コメントを活用することで、お店や商品・サービスの良さを伝えることができ、集客や宣伝にも効果的と言われています。しかし、企業側にとってはユーザーとの距離を縮めることに苦戦しているのではないでしょうか。そこで今回は、インスタグラマー2人にインタビューを行い、フォロワーに対する向き合い方をヒアリングしました。

自分から『いいね』をつけてフォロワーを増やした

フォロワーが増えるまでの過程でKさんが行ったことについても教えてもらいました。「フォロワーが千人に行くまでは、地道にフォロワーを増やす努力をしました。例えば、自分がInstagramに投稿するときは日本酒関連の『ハッシュタグ(#)』をつけるんですが、日本酒を最近あげている人を検索し、その人の投稿に延々と『いいね❤』をつけていくんです。そして、『いいね❤』があまりついていない人にこそ、『いいね❤』をつけます」と語ってくれました。まずは自分からファンに近づき、いいね❤をつけることでどんなファンがいるのかを探る。そして、自ら見やすい投稿を心がけるなどの工夫でフォロワーを楽しませながら、2年半で9千人を超えるフォロワーを増やしていったそうです。

インスタを飛び出して、リアルでもつながる

一方、別のインフルエンサーNさんはInstagram内にとどまらず、リアルな場でもファンと交流をしていました。「いきなり、メッセージでやりとりして、そのまま会うということはないですが、フォローしていて、そのうち会うかもしれないですねという流れで知り合った人が多いです。」と、SNS上でのユーザー同士の交流は意外とされておらず、むしろ、実際のお店で会話ややりとりがなされているケースも見られました。お店の人を交えたコミュニケーションが存在するという話も聞け、インフルエンサーとフォロワー、そして、お店の人が介在する新しいコミュニケーションが生まれているのかもしれません。

顔の見えるコミュニケーションをとり続けることが大切

SNS上でつながっている商品やサービスのユーザー・ファンと、顔の見えるコミュニケーションをすることもファンづくりには欠かせません。例えば、SNS上でつながっているファンを集めた座談会を開催するなどして、直接ユーザーの話を聞くことで、ファンとの交流が可能になります。顔の見えないコミュニケーションが盛んな現代だからこそ、担当の商品・サービスのファンを飽きさせない工夫のひとつとして、リアルな場の設定で直接ファンに聞いていくことが改めて重要となってきているのかもしれません。直接会ったファンから得られるポジティブな情報は、商品サービスを伸ばす育成点であり、コミュニケーションのヒントにつながる要素になります。企業アカウント運営に関し、こうした要素を聞き出すことがこれからのファン作りに必要なこととなりそうです。

事実新聞「The One」のご案内

「The One」本誌では、インタビュー全文を掲載しております。下記からダウンロードすることが可能です。

プロモーションの実施・運営について

ドゥ・ハウスでは、Instagramに限らず、様々なプロモーションのお手伝いをしております。インフルエンサーへのサンプリング、ハッシュタグを利用したキャンペーン運営、企業アカウント運営など、様々なサービスがございます。詳細はこちらからお問い合わせください。

<インタビュー概要>

●調査期間: 2018年7月
●調査手法: インスタグラマー2名(Kさん、Nさん)にインタビュー

全調査結果(ローデータ・集計データ)無料ダウンロードお申込みフォーム

下記に入力いただいたメールアドレス宛に、ダウンロードURLをお送りいたします。

は必須項目です。

調査実施のご経験

お問い合わせフォームよりご送信いただく、お客様の個人情報は、当社の個人情報の取扱いに従い、厳重に取り扱います。

入力いただいたメールアドレスあてに、ダウンロード・集計ページのURL・パスワードを記載したメールを、お送りいたしました。

入力頂いたメールアドレスに間違いがある場合など、メールが届かないことがございます。

メール不達や、ダウンロードの不具合などございましたら、お手数をおかけいたしますが、dh_toiawase@dohouse.co.jpまでご連絡いただきますようお願いいたします。