「野菜の高騰・値上げ」に関する調査結果

昨冬には野菜が高騰し、2018年の4月には一部の食品や電気・ガス料金が値上がりました。
その時に、通常の時と比べてどのように行動したなどを聴取しています。

調査サマリ

  • この冬、野菜がすごく高いと感じた女性は全体の75.5%。男性よりも12.1ポイント高く、多くの女性が野菜の高騰を感じている
  • 女性は野菜の購入を控えるよりも、価格の安い野菜や冷凍野菜などの代替品を購入する傾向がある
  • 野菜の価格に対してとった対策を一部ご紹介
    「サラダバイキングのある店への外食を増やし、買って作るのを減らした」など

この冬、野菜がすごく高いと感じた女性は全体の75.5%。男性よりも12.1ポイント高く、多くの女性が野菜の高騰を感じている

この冬、野菜の価格が大きく変動しました。価格に対してどのように感じたかを聞いたところ、「すごく高いと感じた」女性が75.5%に比べて、男性は63.4%と12.1ポイントの開きがみられました。男性よりも女性の方が、野菜が高くなったと感じているようです(図1)。

【図1】野菜の価格についての体感(単一回答・n=557)
図1

女性は野菜の購入を控えるよりも、価格の安い野菜や冷凍野菜などの代替品を購入する傾向がある

野菜が高くなったと感じた人の行動として、全体的には「安い野菜、価格の安定している野菜を代替とした」「購入する野菜の量を減らした」が多いのですが、男性と女性では傾向が異なりました(図2)。

女性は「安い野菜、価格の安定している野菜を代替とした」が最も高く70.6%で、「購入する野菜の量を減らした」57.4%を13.2ポイントも上回りました。さらに、「冷凍の野菜を購入した」が男性の15.0%に対し女性は34.1%と19.1ポイントも高く、野菜の摂取量を減らさないようにしていることが伺えました。

【図2】野菜の価格高騰時の行動(複数回答・n=527)
図2

野菜の価格に対してとった対策を一部ご紹介
「サラダバイキングのある店への外食を増やし、買って作るのを減らした」など

野菜の価格が高騰したことに対して、日常的に行った対策のエピソードを一部ご紹介します。

  • 冷凍食品でたくさんの野菜が入っている商品を購入した。(35歳/男性)
  • 最初に買える値段の野菜を探して、それを使ったメニューをその場で考え他の食材を選んだ。(41歳/女性)
  • サラダバイキングのある店への外食を増やし、買って作るのを減らした。(56歳/男性)
  • 葉物は控え、根野菜や冷凍野菜やカット野菜などを多く使い工夫した。カレーやシチュー等いろいろな野菜を入れ、鍋ものも肉や魚の鍋をふんだんに使った。(68歳/女性)

取得項目

  • 自身で買い物をする商品
  • 野菜の価格に対してどう感じたか
  • 野菜の高騰に対してとった行動
  • 野菜を使用した料理についての行動
  • 野菜の高騰に対してとった具体的な行動
  • 2018年4月以降値上がりする商品に対する行動
  • 2018年4月以降値上がりする商品に対する具体的な行動
  • 同居人数
  • 同居の子どもの年齢
  • ご自身の就業状況
  • 世帯年収

<アンケート概要>

「野菜の高騰・値上げ」に関するアンケート

●調査期間: 2018年4月8日(日)~4月12日(木)
●調査手法: ドゥ・ハウスのインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用。全国に住む20代~60代の男女を対象に有効回答を859人から得た。

詳細な調査結果を無料でご覧頂けます。下記からお申し込みください。

調査結果専用ページのご案内

調査結果専用ページでは、下記の機能を自由にお使いいただけます。

単純集計・グラフ・
自由回答の閲覧
集計表の
ダウンロード
WEB画面上で
クロス集計

お申し込み

は必須項目です。

調査実施のご経験

お問い合わせフォームよりご送信いただく、お客様の個人情報は、当社の個人情報の取扱いに従い、厳重に取り扱います。

入力いただいたメールアドレスあてに、ダウンロード・集計ページのURL・パスワードを記載したメールを、お送りいたしました。

入力頂いたメールアドレスに間違いがある場合など、メールが届かないことがございます。

メール不達や、ダウンロードの不具合などございましたら、お手数をおかけいたしますが、sp_info@dohouse.co.jpまでご連絡いただきますようお願いいたします。