「家事・育児」に関する調査結果

イクメンという言葉が使われだして随分経ちますが、実際父親が育児に関わる時間はどのくらいなのでしょうか。子どもの年齢と共に、その内容を見ていきます。

調査サマリ

  • パパの家事・育児への関与は、平日では「1時間未満」が約8割を占める
  • 小学校低学年以下の子どもがいる層の8割は、育児を楽しんでいる
  • 夫婦の会話は、子どもの年齢が小さいほど、子どものことが主になるが、「テレビなどの雑談」は、子どもの年齢問わずよく話されている
  • 20時頃まで残業する層は「自分の時間がもてないこと」、20時以降まで残業する層は「子どもとの時間が持てないこと」に悩んでいる

パパの家事・育児への関与は平日では「1時間未満」が約8割を占める

パパの家事・育児への関与を、平日・休日それぞれについて聴取したところ、全体では、平日の家事は「1時間未満(45.1%)」、育児も「1時間未満(36.8%)」が最も高くなりました。また、家事・育児とも次いで「全く関わらない・関われない」が約35%を占めました(図1)。

休日の家事では「1時間未満(37.7%)」、育児では「全く関わらない・関われない(28.6%)」が最も高くなりました。

ただし、小学校低学年以下の子どもがいる層でみると、特に休日の育児では「3~4時間程度(28.8%)」が3割近くを占め、「10時間以上(10.4%)」も1割強という結果になりました。

【図1】家事・育児に関わる時間(複数回答・n=914)数値は平日・休日の家事・育児の全体を表示

図1

小学校低学年以下の子どもがいる層の8割は、育児を楽しんで行っている

家事・育児を「楽しんでいるか」と尋ねたところ、「楽しんでいる+まあ楽しんでいる」の合計が家事は全体で55.8%に対し、育児は全体で69.3%となりました。家事・育児とも小学校低学年の子どもがいる層のほうが、小学校高学年以上の子どもがいる層よりも楽しんでいる割合が高く、育児では82.9%に達しています(図2)。

【図2】家事・育児を楽しんでいるか(単一回答・n=914)

図2

また、小学校低学年以下の子どもがいる層にさらに着目し、仕事の終業時間で見てみると、終業が早いほど、楽しく家事や育児を行っている様子が伺えました(図3)。

【図3】家事・育児を楽しんでいるか(単一回答・n=914)※小学校低学年以下の子どもがいる層

図3

夫婦の会話は、子どもの年齢が小さいほど『子どものこと』が主になるが、「テレビなどの雑談」は、子どもの年齢問わずよく話されている

普段、配偶者と話す内容は、全体で「子どもの様子、健康、躾等子ども本人のこと(55.6%)」が最も高く、次いで、「テレビの内容など雑談(49.0%)」、「家族旅行やレジャーに関すること(44.4%)」となりました。

小学校低学年以下の子どもがいる層では、「子どもの保育園や学校行事など子ども周りの環境のこと(56.5%)」が半数以上を占め、小学校高学年以上の29.8%と、26.7ポイントと他の項目と比べて最も差が大きいことがわかりました。

子どもが小さいほど、『子どものこと』に関して話している様子が伺えると共に、子どもの年齢問わず、「テレビの内容など雑談」をよくしている様子も伺えました。

【図4】配偶者と話す内容(複数回答形式・n=914)

図4

20時頃まで残業する層は「自分の時間がもてないこと」、20時以降まで残業する層は「子どもとの時間が持てないこと」に悩んでいる

現在の家事・育児の悩みを小学校低学年以下の子どもがいる層に着目してみると、最も高かったのは全体で、「子どもとの時間がもてないこと(16.7%)」、次いで「子どものパパ同士で何を話していいかわからない(11.4%)」、「家事・育児で自分の時間がもてないこと(11.0%)」の順となり、「特に困っていること、悩んでいることはない(40.8%)」が4割強を占める結果となりました。

終業時間ごとでは、『残業20時以降まで』の層で「子どもとの時間がもてないこと」が約3割を占め、「子どもが「ママのほうがいい」ということ」が他の属性よりも高く、1日の中で仕事が占める割合が高く、子どもに関われない寂しさが伝わってきます。

一方、『残業20時頃まで』の層では、「家事・育児で自分の時間がもてないこと(16.5%)」、「子育ての考え方について配偶者とズレがある、意見が合わない(16.5%)」が、他の属性よりも高くなっています。20時頃までの残業が常態化されていることに加え、終業後に家事・育児に関われる時間があるがゆえのジレンマを抱えているのかもしれません。

【図5】家事・育児で困っている・悩んでいること(複数回答・n=299)※小学校低学年以下の子どもがいる層

図5

取得項目

  • 平日・休日それぞれの家事・育児に関わる時間
  • 自身の家事・育児への関与度
  • 自身の家事・育児への満足度
  • 自身が家事・育児を楽しんでいるか
  • 日頃の配偶者・パートナーとの会話量
  • 日頃の配偶者・パートナーとの会話の内容
  • 配偶者以外で、家事・育児について相談する相手
  • 家事・育児に関する会話の満足度
  • 自身の仕事の終業時間
  • 自身の職場、上司、同僚の家事・育児への理解度
  • 家事・育児に関して悩んでいること

<アンケート概要>

「家事・育児」に関するアンケート

●調査期間: 2018年1月25日(木)~1月30日(火)
●調査手法: ドゥ・ハウスのインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用。全国に住む20歳以上の既婚男性で子どもがいる人を対象に有効回答を914人から得た。

詳細な調査結果を無料でご覧頂けます。下記からお申し込みください。

調査結果専用ページのご案内

調査結果専用ページでは、下記の機能を自由にお使いいただけます。

単純集計・グラフ・
自由回答の閲覧
集計表の
ダウンロード
WEB画面上で
クロス集計

お申し込み

は必須項目です。

調査実施のご経験

お問い合わせフォームよりご送信いただく、お客様の個人情報は、当社の個人情報の取扱いに従い、厳重に取り扱います。

入力いただいたメールアドレスあてに、ダウンロード・集計ページのURL・パスワードを記載したメールを、お送りいたしました。

入力頂いたメールアドレスに間違いがある場合など、メールが届かないことがございます。

メール不達や、ダウンロードの不具合などございましたら、お手数をおかけいたしますが、sp_info@dohouse.co.jpまでご連絡いただきますようお願いいたします。