調査データコレクションでは、さまざまな「気になること」について、ドゥ・ハウスが独自に行った自主調査結果を掲載しています。

「食用油」に関する調査結果

以前は健康やダイエットの敵だとされがちだった食用油ですが、数年前からスーパーモデル達がココナッツオイルを愛用したことがけん引となったのか、今ではスーパーに並ぶ食用油の種類が増えました。
自宅で2種類以上の食用油を使用している方を対象に、使用実態や使い分けについて聴取しています。

調査サマリ

  • 家庭で使用している食用油の種類は、1位「オリーブオイル」、2位「ごま油」、3位「サラダ油」。調理メニューの多くが「炒め物」に使用している
  • 食用油は、調味料との相性を考えて自宅にある油を使い分けしている
  • 食用油の調理工程について、「オリーブオイル」はクセがないのでそのままで使用されているのに対し、「ごま油」は仕上げの際に使用されている

家庭で使用している食用油は、1位「オリーブオイル」、2位「ごま油」、3位「サラダ油」。調理メニューの多くが「炒め物」に使用している

家庭で使用している食用油の種類は全体で、1位「オリーブオイル(80.4%)」、2位「ごま油(79.8%)」、3位「サラダ油(78.1%)」という結果となりました。

男女別で見ると、男性は「サラダ油」を使用している人が82.6%と最も高く、女性は「オリーブオイル」が84.6%と最も高い結果となりました(図1)。

【図1】家庭で使用している食用油の種類(複数回答・定量調査)
※自宅でいずれかの油を使用していると回答した人のみ

図1

また、食用油を使った調理メニューの多くが「炒め物」となっており、「オリーブオイル」、「ゴマ油」、「サラダ油」では7割以上となっています(図2)。

【図2】家庭で使用している食用油と調理メニューの種類(定量調査)
※自宅で使用していると回答したものについて回答 ※n<30、参考値

図2

食用油は、調味料との相性を考えて自宅にある油を使い分けしている

油をかけることでどんな要素(健康や香り等)を付加させたいのか、油の味を主張させるかどうかといった調味料との相性を考えて、自宅にある食用油を使い分けているようです(図3)。

【図3】食用油の使い分け(定性調査)

図3

食用油の調理工程について、「オリーブオイル」はクセがないのでそのまま使用しているのに対し、「ごま油」は仕上げの際に使用されている

食用油の調理工程について聞いたところ、「オリーブオイル」はクセがないので加熱をせずにそのままで使用されているのに対し、「ごま油」は香りを際立たせるために仕上げの際に使用されていることがわかりました。

加熱の際に量を要する揚げ物には手頃な「サラダ油」「キャノーラ油」が、パンケーキやスイーツ作りにはハワイアンな雰囲気が楽しめる「ココナッツオイル」を使用しているようです(図4)。

【図4】非加熱、加熱、仕上げ別の使用用途(定性調査)

図4

取得項目

  • 家庭での調理頻度
  • 家庭で購入して使用している調味料
  • 家庭で使用している食用油の種類
  • 家庭で最も使用している食用油の種類
  • 家庭で使用している食用油の購入場所・容量・使用頻度
  • 食用油を使用している調理工程・調理メニュー
  • 食用油を使用している理由
  • 食用油の家庭での保管場所
  • 食用油の保管理由
  • 食用油の購入状況(頻度・場所)
  • 食用油の使用状況(調理工程・使い分け)
  • 食用油の使用状況(オリーブオイル・ごま油)
  • 食用油の保管場所
  • 食用油の保管における不満点

<アンケート概要>

「食用油」に関するアンケート

●調査期間: 2017年11月
●調査手法: ドゥ・ハウスのインターネットリサーチサービス『なまごえ!』を利用。20代~60代の男女を対象。
食用油の使用実態や使い分けなどについて詳しく聴取することを目的に、定量調査と定性調査を実施。
【定量調査】弊社モニター1.000名に対し、WEBアンケートを実施。
【定性調査】WEBアンケートの回答結果から「20~60代で2種類以上の食用油を持っていて、使用している」30名を抽出し、インターネット定性アンケート(なまごえ!)を実施。

詳細な調査結果を無料でご覧頂けます。下記からお申し込みください。

調査結果専用ページのご案内

お申し込み

下記お問い合わせフォームよりご送信いただく、お客様の個人情報は、当社の個人情報の取扱いに従い、厳重に取り扱います。

は必須項目です。





TOP