DOさんディスカッション

主婦マーケター(DOさん)ならではの視点で、商品の育成点を把握し、課題の改善アイデアを見出す。商品の可能性がみつかる「開発マーケティング支援サービス」です

Agent
取締役
柿沼

商品の可能性を見出し、生活者と共に育んでいく、当社独自のマーケティングサービスです。

単なる調査結果で『商品力ないですね』とこの商品をつぶしたくない。その可能性を終わらせたくない―「DOさんディスカッション」をご活用になるお客様からよくお伺いするお話です。こうした商品開発担当者の想いは、我が子の成長を見守る親の心と一緒だといつも感じます。

DOさんディスカッションは、主婦マーケター(以下、DOさん)の視点で、商品の<よいところ>を伸ばし、<課題>を明らかにしたうえで改善アイデアを見出すことを大切に、商品を育くむことに主眼を置いています。
ドゥ・ハウスの出発点となった「台所フォーラム」、その後に開発された各種の「定性情報処理サービス」の様々なエッセンスを取り入れて開発を重ねた当社独自の開発マーケティング支援サービスです。

概要

テーマ商品・サービスについてDOさんがディスカッション(1回5名・3時間標準)することにより、育成のヒントとなる主婦視点、生活者視点での生々しい【事実】と【仮説】を様々な角度から収集します。

商品・サービスの受容性把握の出発点として、コンセプト・プロダクト・コミュニケーションの育成点・改善点の深掘りに最も有効です。

特長

■DOさんだからこその、豊富で深みのある定性情報

  • 通常のグループインタビューと異なるのは、参加者がDOさんであることです。
  • 定性情報に関する独自の研修を受けているため、一人の生活者という立場を大切にしつつも、フィールドマーケターとして観るべきこと・伝えるべきことを理解した上での発言がなされ、深みのある定性情報が得られます。
  • 商品に対するポジティブな点については、さらに伸ばすべき育成点を。ネガティブな点については「ここが私・我が家には合わない」という理由(課題)を明確にした上で、「我が家にはこうしてほしい」「私だったらこうする」という生活者視点での要望・アイデアを出していきます。

※一般的な生活者を対象としたグループインタビューに比べ、DOさんディスカッションの発言録は約2倍のテキスト量となります(当社過去実績より)。ディスカッションを有効に行うためにも、1回あたりの参加者数は5名を標準としています。

■実施フロー(標準1回3時間)

マーケティング課題にお応えするための効果的な編成をします。
  • 標準フローをベースに、貴社のマーケティング課題・目的に応じて最適にコーディネイトいたします。
  • より広いテーマを対象とし、より深いディスカッションを行うため、標準開催時間は1回3時間としています。
  • さらに、調理を行ったり、定性データをまとめるワークを行う場合には拡大し、4時間~6時間といったケースもございます。

多様なアウトプットバリエーション

ご要望に応じて各種アウトプットを作成いたします。

■食卓の様子

ホームユースによるテーマ商品・サービスの試食・試用状況を、画像や動画で生々しく知ることができます。

■DOさん「PRメッセージ」

評価ポイントを「生活者言葉」で浮き彫りに。コミュニケーション戦略のヒントも得られます。

■データ類型図

テーマに関わる生活感を掘り下げ、構造化していきます。

■試作品リアルタイムCS分析

試作品の強み・弱み、期待度との乖離を、ディスカッションを見学しながら確認できます。

■発言録

ディスカッションならではの反応、臨場感を再現します。

■モデレーターズ・インプレッション

デブリーフィング、社内共有に活かしていただくための速報をお届けします。

■ブリングアップレポート

ディスカッションを踏まえた、テーマ商品・サービスの課題と育成点を「コンセプト」「プロダクト」「パッケージ」「コミュニケーション」などの観点からレポートします。

開発マーケティングに対応した幅広い活用シーン

「DOさんディスカッション」は、商品開発マーケティングにおける各フェイズに幅広く対応できる点も特長です。
マーケティング課題に応じて、プレワーク・ディスカッションワークを最適な形でコーディネイトします。

ご予算例(税別)

■DOさんディスカッション(スタンダード)45万円~

■DOさんテスティングディスカッション 48万円~

※プレ・ワークにてホームユースを行い、ディスカッション内で試食・試用を実施する形式

■DOさんアイデアディスカッション 50万円~

※プレ・ワークにてアイデアデータ開発を行い、ディスカッションのなかでまとめを行う形式

■DOさんクッキングディスカッション 55万円~

※ディスカッションのなかで調理・試食を行う形式

  • 上記は1回・参加者5名のご予算です。
  • 進行フロー作成、参加者リクルート、司会進行、インタビュールーム利用料が含まれます。
  • 発言録作成はオプションとなります。(6万円/回)
  • 各ワーク(ホームユース、クッキング)によって諸雑費が変動いたします。
  • 仕様詳細が決まりましたら、別途お見積りさせていただきます。お気軽にお問合せくださいませ。


お見積もり・お問い合わせは、
03-5472-7901 または お問い合わせフォームより
お気軽にご連絡ください!

Column&CaseStudy-聞く技術研究所の記事より
Positive Post-主婦マーケターによる商品体感ストーリー

TOP