採用情報 > 先輩事業家からみなさんへ > 社員紹介 > 小笠原 亨

つねに新たな提案をしていきたい

小笠原 亨

2011年4月エントリー(PM職・新卒採用)

営業開発グループ 執行役員

ドゥ・ハウスにエントリーした理由は?

大学時代は、証券会社の営業をしながら夜間部の学校に通い、学生と社会人の2つの経験を同時に積みました。

ドゥ・ハウスには「出る杭となれ」という言葉があり、常に努力し、前に進む人は年齢や役職に関係なく、チャンスをつかむことができます。その中でも、入社年次の浅い社員がよりチャレンジしやすいため、若いうちからの成長環境が整っていると感じ、入社を決めました。

これまでの仕事、キャリアについて教えてください

業務内容としては営業を通して、多種多業界に渡るクライアントの方々に、弊社サービス(プロモーション・リサーチ)を提案しています。

仕事の醍醐味は、新たに世に出る商品に、自分のアイデアや考えを反映した提案でコミットできることです。新商品のコンセプト開発のための調査から、発売後のプロモーション施策、商品理解の促進など、あらゆるシーンでマーケティングサービスの提案をすることができます。これまで携わった商品のなかには、その終売まで立ち会ったものもありますよ。

幅広い提案ができる背景には、私自身が多くの業界のクライアントと仕事ができ、そのひとつひとつの経験を活かして提案できていることが挙げられます。一つの商品カテゴリの中で商品を扱うメーカーの担当者ではなく、多くの様々な商品の提案ができたからこそ、ドゥ・ハウス入社から3年目には、自分で商品のライフサイクルを念頭に置いてクライアント、商品のことを考えることができてきたと感じています。

今後の目標・夢は何ですか?

現在は部門のマネジャとして、部門マネジメント、スタッフの育成も行っています。後輩には、ドゥ・ハウスで活躍するにあたって、「こうなりたい!」という「個」のビジョンを持って、それを周囲が応援できるよう、表現できる人になってほしいです。また私自身は、後輩が何度失敗しても、自分のビジョンに向かって前進するためのチャンスを何度でもあげられるようなマネジャでありたいです。


TOP