採用情報 > 先輩事業家からみなさんへ > 社員紹介 > 今井 佑

人と商品をつなぐかけ橋になる

今井 佑

2009年4月エントリー(PM職・新卒採用)

モラタメグループ グループサブマネジャ

ドゥ・ハウスにエントリーした理由は?

学生時代は農学の方面からお酒について学んでいたのですが、学ぶうちに良い商品であれば誰もが知っている訳ではない、という事実に気づきました。

良い商品を、たくさんの人や場所に届けることのできる仕事がしたいな、商品と生活者の「かけ橋」になりたいな、と考えていたのが私の原点です。

就職活動では、はじめ「モノを届ける」という視点で商社を志望していたのですが、モノを届けるための「情報」を伝える方が、自分のやりたいことに近いと感じるようになりました。

商品そのものを作ることと同じくらい、どんな人にどうやってその商品のことを知ってもらうか、という「伝える」プロセスも大事だと感じたのが、この業界に興味をもったきっかけです。

当時見ていた企業の中でもドゥ・ハウスは、デジタル・アナログ問わずマーケティングを企業と生活者のコミュニケーションと捉えて、様々なサービスを展開していました。 そのころから新しいもの好きな性格だったので、ここでなら常に様々なことにチャレンジできる、と思いエントリーしました。

これまでの仕事について教えてください

エントリーから今まで、様々な部門の仕事を経験しました。

地方の良いモノを届ける「ECサイト」や、主婦マーケターによる「クチコミサービス」の推進に携わったほか、店頭におけるマーケティングサービスとして展開した「店頭TV事業」、店頭まわりのプロモーション施策の経験もしています。

ほかにもWebやアプリなどのITにまつわるスキルを磨き、プロモーションサービス「テンタメ」事業の推進を経験したのち、現在のモラタメ事業部に来ました。

「モラタメ」というサイトは、私自身が就職活動時に考えていたマーケティングを通じて「情報」を届け、生活者と企業のかけ橋になる
・・・という考えかたそのものを体現していると思います。

現在は、モラタメ自体の注目度をアップさせて、より多くの企業にモラタメへ参加いただくために営業やサイトの運営を担当しています。

今後の目標は何ですか?

エントリーから今まで積み重ねてきたたくさんの部門での経験を活かして社内外含めて多くの人をつなぎ、モラタメ事業とクライアントの商品をもっと盛り上げていきたいです。
情報やネットワークの拠点、中継点となる「ハブ」のような存在になりたいですね。

商品を生みだすクライアント、そしてドゥ・ハウスの営業や制作・デザイン、運営事務局など、モラタメという一つのサービス、プロジェクトには様々な人が関わります。
その誰もが、商品の魅力を生活者に伝えたいという思いを持っています。

それぞれの想い、パフォーマンスが最大限に発揮され、相乗効果を生むように、大きなひとつの方向に持っていくことができたら、もっとモラタメが盛り上がると思います。

自身とモラタメをより成長させることで、世の中に生活者と企業の両方が嬉しいサービスを沢山、提供していきたいですね。


TOP