■事業概要

ドゥ・ハウスは「人とネットとマーケティング」をキーワードに、新時代のマーケティングを見据えた事業を展開しています。

これまでの商品経済社会における“商品の生産者”は「企業」でした。しかし、情報経済社会における“情報の生産者”は「生活者」です。
ドゥ・ハウスは、「生活者」の行動・事象や気持ちを収集しデータ化して、マーケティングに活かします。

こちらからマーケティングサービス一覧がご覧になれます

マーケティング
モノとモノがめぐり会う「場」としてのマーケット。それを活性化させる経営技術。

ドゥ・ハウスのマーケティング・サービスは大きく分けて2種類あります。プロモーション(販売促進)リサーチ(調査)です。ドゥ・ハウスは、クチコミ・プロモーションや定性リサーチをはじめとする独自のノウハウをもとにサービス領域を拡大し、今では多角的なマーケティング事業を展開しています。

ネットワーキング
情報と情報がめぐり会う「場」としてのネットワーク。それを活性化させる経営技術や生活技術。

マーケティング事業を行う上で欠かせないのが、全国550万人の“人のネットワーク”です。主婦のフィールドマーケター・ネットワークである「DOさん・ネット」をはじめ、さまざまな“人のネットワーク”を構築・管理・運営し、質の維持・向上を図るのも事業のひとつです。ドゥ・ハウスのネットワークの質はクライアントから厚い信頼を得ています。

各事業の紹介

営業開発第2グループ
営業開発第4部

加藤 槙

メーカーを中心としたクライアントと、マーケティング活動の課題を共有し、戦略的なサービスを提案、企画しています。ドゥ・ハウスのネットワークを活用して、よりクライアントの課題に合わせた効果的な提案を自分でカスタマイズし、お話しできるのが営業の醍醐味です。

MC&リサーチグループ
消費者リサーチ事業部

指田 大輔

生活者の事実を、アンケートやインタビューを通じて集め、クライアントの商品開発や販売戦略のサポートを行います。 生活者の生の声から事実を抽出するというドゥ・ハウス独自の定性情報処理技術を中心に、幅広い手法でクライアントとマーケットに対応していきます。

総務グループ
総務部

水津 謙一郎

総務部は、社内インフラを中心に全社の業務を円滑に保つ役割を担っています。システムの面では、Webを中心としたシステム構築上の技術的な支援、サーバの運用・管理に加えて、新システムの企画立案など、各システムの構築に深く関わる業務を行なっております。

営業開発第1グループ
営業開発第1部

宮戸 晶平

メーカーのブランドマネジャが抱える懸念をヒアリングし、プロモーションを主軸とした課題解決のための施策提案を行っています。クライアントとの関係性を築きながら、トライアーの獲得や商品の認知度向上によってサポートができた時、売り上げの数字以上にやりがいを感じます。

MC&リサーチグループ
マーケティング・コミュニケーション事業部

竹川 進平

アナログでのクチコミプロモーションから、Webサイトの構築・運営、Facebookなどのソーシャルメディアを使ったデジタルのプロモーションまで、幅広く販売促進のサポートをしています。リサーチとプロモーションの垣根を越えて、戦略的な施策を展開できるのが強みです。

DOさん事業部

阿部 有希子

DOさん事業部は、ドゥ・ハウスのマーケティング支援の出発点であり、中核となる『DOさん』の管理・育成をメインとする業務を担っています。その他『きかせて・net』など、独自の生活者ネットワークの事務局活動を実施しています。


TOP