■先輩事業家からみなさんへ > トップメッセージ > 代表取締役社長 高栖より

高栖 祐介

代表取締役社長

最近、ひと目見て好きになった商品、使ってみて、ファンになった商品はありますか?
食べ物、飲み物、雑貨、書籍、音楽…なんでもいいので、ひとつ思い浮かべてみてください。
その商品の、どんなところが好みですか?

お気に入りの商品との出会いは、恋人やパートナーと出会うことに似ています。
商品を見て、実際に手に取るときに、その場で目の前にしてはじめてその商品を好きになります。
その瞬間に、目の前に現れることで、もともと持っていたあなたの潜在的な感情や気持ち、表面に現れることを待っていた、「こんなものがあったらいいな」というウォンツがカタチとなって顕在化しているはずです。

生活者と、商品の素敵な出会いを通じて、商品のファンが増えること、新しい消費がそこに生まれることに立ち会うのがマーケティングであり、そんな運命の瞬間を生む仕組みづくり、モノづくりに関わっているということなのです。

ドゥ・ハウスはマーケティングを生業としています。マーケティングとひとくちに言ってもいろいろありますが、その中でも、人のネットワークを通じて展開するサービスを多く行っています。

クチコミを通じてよりパーソナライズ化された情報を届けるクチコミ・プロモーションは、ライフスタイルや価値観が多様化し、自分だけの好みや嗜好を追求したいと思う人が増えている今こそ、パワーを発揮すると考えています。

また、定性リサーチをはじめとする様々なリサーチを通じて、まだ世に出ていない、潜在化されているウォンツを見つけ出し、商品開発マーケターに届けることも、我々の重要な使命です。

いま、マーケティングにおいて商品カテゴリやジャンルには垣根が無くなってきています。

生活者のライフスタイルに寄り添った商品が求められるようになってきている中で、ひとりひとりの生活の実態、それを生みだしている背景や社会情勢など、様々なサイズの視野をもってマーケットを見ることが、我々にも求められています。

いま、世の中で何が起きているのか、どんな人たちが何を考えて、日々を過ごしているのか―あらゆることに好奇心、興味のアンテナを立ててみませんか。

楽しそう!と思えたら、ぜひドゥ・ハウスにエントリーしてみてください。
多くの事業家と共に、マーケティングの世界で一緒に羽ばたいてみましょう。


TOP