■先輩事業家からみなさんへ > トップメッセージ > Q&A > 営業開発


学生のみなさんからの質問に高栖祐介が直接回答しています。
表現のラフさはご容赦ください。

営業開発


Q.「営業開発」って飛び込み営業があるんですか?

ありません。「え~、マーケティング調査はいかがでしょう?」という営業は意味ないですからね。
ただ新入社員は、トレーニングの意味もこめて、飛び込みとは言いませんが、自力でアポイントをとることはやっています。
逆に、飛び込みなんていう手法で売れる商品/サービスがあったらどんなに楽なことか..と思っています。

Q.仕事はクライアントから依頼されることが多いのですか?もしくは、ドゥ・ハウスから営業をかけて仕事を受注することが多いのですか。

単純に、どちらが多いとは言い切れません。
クライアントとの関係をしっかり築いた営業マンには、クライアントの方から相談もありますが、あくまでそれまでに多くのアプローチを重ねた結果として表れるものです。待っていても仕事が来る、ということはありません。自分から外に出ていくことは、どんな場合も必要になってきます。

Q.新入社員は、はじめは皆営業マンになるのですか?

いいえ、営業が受注したプロジェクトを、実施する部門に1年目から配属になる人もいます。どこに配属になるのかは、あくまで皆さん一人一人の希望、資質を踏まえて決定します。

Q.営業開発の、仕事のやりがいって何ですか?

営業開発(ドゥ・ハウスでは、営業職のことをこう呼んでいます)の醍醐味は、何と言ってもクライアントに最も多く接することが出来るところです。
ドゥ・ハウスのクライアントは、日本の市場の最前線でマーケティングを行っているプロフェッショナル。そんな人たちとドゥ・ハウスの代表として、ビジネスの世界で早い段階から企画、提案を持っていくことができます。担当のクライアントと共に悩んで、課題を解決できた時の喜びは、とても大きなものです。

Q.営業技術の、仕事のやりがいって何ですか?

ドゥ・ハウスの営業技術とは、クライアントから発注したプロジェクトを実施、運営し、最後に実施した結果のレポートをまとめて報告会を行うところまでを担います。

ドゥ・ハウスのサービスを実際に提供する役割です。まだ世に出たばかりの商品が、自分が作ったメッセージの力で多くの人に受け入れられたり、自分が書いたリサーチのレポートをきっかけに、新しい商品が誕生したりと、自分のアクションでダイレクトに市場を切り開いている、という手ごたえを感じることができます。


TOP