採用情報TOP

2016年3月22日

★2016内定者コンテンツ第4回 「ドゥ・ハウスに入社を決めた理由は何ですか?」


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
内定者企画 
「ドゥ・ハウスに入社を決めた理由は何ですか?」
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はじめまして!2015年度内定者の琚芳(キョ ホウ)と申します。
関西で四年間留学した中国人です~

中国語を喋れる関西人と突っ込まれたこともありました。。。

orangeline 今回のテーマは、「ドゥ・ハウスに入社を決めた理由は何ですか?」

私の体験談と、ほかの内定者のインタビューが、
少しでもみなさんの役に立つことができたら幸いです!

TSU75_micmotute_TP_V

まずは、内定者の皆にインタビューしました!




柳沼さん

ドゥ・ハウスは一言で言えば「柔らかい」会社に見えます。
上司と部下という関係がありつつも、仲の良い打ち解けた雰囲気に見受けられました。
入社を決めた理由はそういうことからと、
事業の内容がやりたいことにマッチしていたからですね。

私はマーケティングを通じて、ブランドやカテゴリにこだわらずに
世の中の情報やモノの流れの要点に関わっていきたいと考えていたため、
幅広いクライアントと接点の持てるドゥ・ハウスを志望しました。

実際に選考に入る前からアルバイトとして職場にも入らせてもらい、
自分の感触ともずれがないことを確認していました。


阿佐伊さん

「あたたかい」会社だな、と思います。
最初にこれを思ったのが1次面接のとき。
堅苦しい面接ではなく、和やかに、楽しく面接をすることができ、一気に志望度が上がりました。
そして最終的に、社員の方々のあたたかさが決め手となり入社を決めました。

内定者として社内のイベントに参加してからは、より一層それを実感しています!
素敵な社員の方ばかりです。


野本さん

ドゥ・ハウスは、とても対応が丁寧だったことが印象に残っています。
選考を受ける過程で、1対1での相談やOBの紹介など、
会社のことを知る機会を積極的に設けていただきました。

また、ドゥ・ハウスには色々なサービスがあり、
たとえばリサーチ事業ひとつをとっても私が選考前にイメージしていた
「定量リサーチ」だけではなく、「定性リサーチ」についても
選考中の社員のかたのお話を通じて知ることができました。

マーケティング事業としての幅が広くて、それらに関わることで、
自分も刺激を豊富に得られると思ったため、ドゥ・ハウスを志望しました。


豊田さん

ドゥ・ハウスは1番に、「受信力の高い人たちが集まってる会社」だと私は感じています。
相手のことをよく見て、聞いて受け止められる人たちが集まっている会社だからこそ、
消費者の声一つ一つに耳を傾け、消費者が何を求めているのかを
考えることができるのだと思います。

社員のみなさんは選考中も私の人柄や考えをよく理解して尊重してくださり、
現在内定者として交流していても同様に感じています。

このように、相手を大切にできる人たちが揃ったドゥ・ハウスで、
私も消費者と向き合いながら働きたいと思えたことが入社の1番の決め手です。

個性豊かな内定者なので、感じ方やエントリーを決めたポイントも人それぞれですね!
それでは、最後にはどうだったかというと・・・

私は好奇心が旺盛で、常に新しいことをやりたいと思っています。

ドゥ・ハウスは、リサーチとプロモーションの事業が両軸としてあり、
いろんなことにチャレンジできる企業だと思います。

私は就職を考えるにあたって成長を一番重視してきました。

面接では、企業側から私の短所や長所を教えてくださったり、
私の興味がある分野について、プロとしてのアドバイスもいただきました。

ドゥ・ハウスの選考を通して成長できたと感じ、そのような思いをさせてくれる人々と、
どんどん新しいことにチャレンジしていきたいと思えたので、エントリーを決めました。

そしてもう一つ、ドゥ・ハウスにエントリーした決め手は「人」でした。
私は関西に住んでいるのですが、社員のみなさんが選考の際にそのことを気遣って、
何度も面接の時間帯を調整してくださいました。

世間話で緊張感をほぐしていただいたり、
メールのやり取りをするなかでも、社員の方の心遣いを感じました。
選考が終わったとき、「本当にこの会社を受けてよかった」と強く思いました。

いかがでしたか。少しでもドゥ・ハウスについての理解が深まったでしょうか。

orangeline みなさんも、好きな仕事が見つかったら、国籍など問わずにぜひ挑戦してほしいと思います。
頑張っているみなさんを、こころから応援しています!


TOP