採用情報TOP

2013年11月20日

★2014内定者コンテンツ ~井山 美咲~★


みなさん、はじめまして! ドゥ・ハウス2014年度内定者の井山美咲です!

私は、中央大学理工学研究科で物理学を専攻しています。
大学・大学院では素粒子論研究室に所属しており、マーケティングとは
関係のないことばかり勉強していました^^;

みなさんも、企業研究や自己分析でやりたい仕事が見つかったら
やる前から諦めずに、分野を問わずにぜひ挑戦してほしいと思います!

さて内定者コンテンツ第4回目は「ES対策」です。

就活生

エントリーシート(ES)は就職活動を行なう上でとても大切になります。
ESが通らないと、面接はもちろん説明会にすら参加できない企業もあります。

私だけでなく、他の内定者からのアドバイスも入っているので、ぜひESを
作成する際には、参考にしてみてください(^^)


==============================================


ES対策


ESには色々な設問がありますが、基本となる文章構成はだいたい同じです。

 1.結論
 2.その理由
 3.理由を強める経験談
 4.まとめ

これだけでは分かりづらいと思うので、
どこの企業でもたいてい聞かれる【自己PR】について具体的に書きたいと思います。


—————————————–


【自己PR】

 ・自分の強み
 ・自分の経験
   (何を目的に、どのように考え、どのように取り組み、
    その結果どうなったのか、そこから何を得たのか)
 ・それをどう活かせるか

まず自分の強みを書く上で大切なのは

『だから何??』

という事です。

例えば自分の強みが「私は地道な努力を重ねることができます」だと
「だから何?」となってしまいます。

この場合
「私は地道な努力を重ねることで、大きな成果を得る事ができます」
まで書いて、やっと強みとして活きてきます。

そして、せっかく強みが上手く書けてもそれだけでは「だから何?」です。
企業側としては、その学生を採用することでどんなメリットがあるのか知りたいのです。

そのため、自分の強みを社会に出てどのように活かせるのか、
そこまで書けてやっと自己PRの完成です。


—————————————–


ここまでのポイントでまずは書いてみましょう。
そして書けたら友達同士で

『見せ合う』

ことが大切です。

【 見せ合うメリット 】

 ・ちゃんと伝わるか確認
   初めて読む人が1度で理解できるか確認しましょう。

 ・他の人の良い表現を学ぶ
   他の人のESをそのまま使うのはダメですが
   「こういう事を書きたいのに、うまい言葉・表現がみつからない!」
   という時に活用できます。


==============================================


以上がES対策です。

今回は自己PR中心に書きましたが、ポイントさえ押さえれば
他の設問にも対応できると思います!!

来週は「グループワーク対策」です。
グループワークも就活には欠かせないので、ぜひ参考にしてみて下さい!

質問やコメントなどはお気軽にどうぞ!
https://www.facebook.com/MI5AKI


TOP