採用情報TOP

2013年10月30日

★2014内定者コンテンツ ~井村 夏里武~★


みなさん、はじめまして!
ドゥ・ハウス2014年度内定者の井村 夏里武(イムラ カリブ)です!

本日より来年1月末まで、ドゥ・ハウス新卒採用ページにて、
12月に就職活動を控えた就活生の皆様に向けて、就職活動のアドバイスから実際の
体験談まで、コンテンツとして配信させていただくことになりました。

記念すべき第1回目を担当させていただきます、
明治大学商学部 マーケティング専攻 4年生の井村夏里武と申します!

ゼミナールでは、「小売業の販売戦略理論」を3年間学び、
現在は、卒業研究として某大手飲料メーカー様に新事業の提案をしています。

大学生活は典型的なサークル充で・・・
テニスサークルの企画長として、テニスと飲みの毎日を送っておりました。

昨年度、就職活動を経験した先輩として、みなさんのサポートをしていきたいと思います。
よろしくお願いします!!

では、私なりの就職活動を振り返り、
今回は・・・
【就職活動のスケジュール】について書かせていただきます。

就活

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

第1回「今後の就職活動のスケジュールってどぉーなるの?」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

就職活動といっても、それは人によって千差万別で
選考が始まる時期や、内定が決まる時期は企業や業界によって違います。
例えば、コンサルティングやブライダルの企業は12月頃から選考がもう始まるところが多いです。

いつから選考が始まったなどは個人により異なるため、
今回は「就職活動への対策」に重点を置いて
私と2014年ドゥ・ハウス内定者のスケジュールを振り返りたいと思います。

~井村夏里武の就活スケジュール~

10月

・Webテスト対策:同じ参考書(SPIノートの会シリーズ)を繰り返し解く

・自己分析:サークルの友達や幼馴染と飲みながら、自分がどういう人間か考える

11月

・Webテスト対策:10月同様。参考書の種類を増やす

・自己分析:自分の性格が把握できたら、何故その性格になったか過去を振りかえる

・業界研究:12月に向けて志望業界を研究

12月就活Start!!

・ES作成:「自己PR」「学生時代頑張ったこと」をまとめる

・合同説明会(マイナビ・リクナビなど)に参加

・選考に参加:志望業界がコンサルだったため、12月中旬から面接を経験

・ドゥ・ハウスとの出会い:「就活Type スカウトセッション」にて偶然出会う

1月

・ES作成→提出:大手メーカーは2月上旬にES締切なので、それに向け作成

・自己分析:ドゥ・ハウスへの志望動機と将来の夢、自分の強みをリンクさせていく

・企業説明会に参加

2月

・ドゥ・ハウスの選考が進む

ドゥ・ハウスに絶対に入りたいと思い、選考が進んでいた企業や受けようと思っていた企業をすべて切る。
→ドゥ・ハウスの選考への対策と自分の心を豊かにしてくれる飲み会に時間を使う

3月上旬

・内々定をいただく:迷わず就活終了
以上が私の就活スケジュールとなります。

ポイントは・・・
“自己分析”と“すりあわせ”です!!
自己分析は就活をする上で必要不可欠です。
自己分析を深めることで自分が将来やりたいことが明確になり、
志望する企業も絞れるようになります。
そして、第1志望の企業に出会えたら
【もう一度】その企業にあわせて自己分析し、
「自分が将来やりたいこと」と「その企業に入れば出来ること」をすりあわせましょう。
自己分析は始めるのが早ければ、早いほど良いので
まだしていない・・・という方は、是非!!!やってみてください。

続きまして、他の内定者のスケジュールも紹介します。

~内定者 Hさん~

▽11月
自己分析を徹底的におこなっていました。学内、学外の
就活セミナーにもとりあえず参加、内容はどうこうよりも
「就活がはじまるぞ!」というモチベーションを高めていました。

▽12月
面接の場慣れをするために、選考の早い企業を受けていました。
早いうちから面接をしてみて感覚を掴むことは、自信にもつながりますし
とても良い経験となりました。

▽1月
大学が開催する企業説明会に参加したり、ESを書いたり、筆記試験の
勉強をしたりしていました。1月は大学のテストやレポート提出、サークルの
代交代の引き継ぎなどがあり、忙しく、とても充実していました。

▽2月
毎日のように説明会、選考、ES〆切があり、就職活動中で一番
忙しかった時期だったと思います。Todoリストを作ってスケジュールを
管理していました。

▽3月
企業の最終面接や、その一歩前の面接など、重要な面接がちらほら。
ここまでくると、体調管理と精神力を鍛えることがどれだけ大切か
分かるようになりました。

▽4月
4月2日にドゥ・ハウスから内々定の電話をいただきました。
内々定をいただいてからは、一社だけ選考をぬるぬると続け、
月末には就職活動を終えました。

▽ひとこと
11月から内定獲得まで、毎月やっていたのは自己分析です。
就職活動のためだけに自己PRを考えるのではなく
自分という人間がどういう人間なのかを知るために
自己分析という名の自己の観察を日々行っていました。
いろんな発見ができますよ(^^)

~内定者 Sさん~

*11月
・業界研究&企業研究
業界地図のような本を参考に、どんな業界があるか・それぞれどんな情勢かを俯瞰してみた。
その中から、気になる会社をHPや新聞で企業研究。

・自己分析&他己分析
自己分析に関する本を参考程度に読み、就業イメージをする。他己分析は、友達と。

・OB訪問
とにかく気になった会社は、大学のOB名簿を調べてOBの方にアポをとってみた。
もしくは知人のツテや親戚の知り合いを当たってみた。

・ES対策
参考本を見たり、OBや大学のキャリアセンターに添削をしてもらったりした。

・SPI対策
参考書、問題集を揃えた程度。まだ手をつけていなかった。

*12月
・説明会参加
なるべく視野を狭めずに色々な業界を数多く見てみた。(ただ、自分の中であらかた方向は決まっていたような…)

・企業研究&業界研究・OB訪問・自己分析・ES対策・SPI対策ようやく問題解き始めたりする。

・面接対策
キャリアセンターで模擬面接をしてもらったり、友達と問答したりしていた。

*1月~就活終了まで
・自己分析
自分の望む「働くスタイル」の再確認(転勤、仕事内容、将来的に)

・ES・SPI・説明会・面接・OB訪問

内定が決まってから、よりその会社を知るため訪問。

※まとめ※ 自己分析が何より大事。早いうちから始めて、何度も繰り返しやるべき。自分が何をしたいか、どんな環境で働きたいか、
将来どうなりたいかをよく考えることが納得のいく就活の終わりかたにつながる、と思う。
また、就活は独りでやるものではない。知識や情報の共有はもちろん、精神的支えになる友達の存在は大事!
あとは、色々な場所に行けて、色々はものを知れて見れて、色々な人に会えることを喜ぶ!
それが就活を楽しく乗り切るポイント(⌒▽⌒)

※参考:http://www.asahi.com/job/2011/nani/

———————————————————————————————-

長い間お付き合いいただきありがとうございました。

みなさん、コンテンツ参考になりましたでしょうか?
他の内定者のスケジュールを見ても
やはりポイントは“自己分析”でしたね。

自己分析の方法も人それぞれ違います。(今後のコンテンツで紹介)
みなさんも自分に合った“自己分析”を今からでもしてみてください。

以上で、
内定者コンテンツ第1回を終えさせていただきます。

今後も毎週水曜日に、
就活にお得な情報がつまったコンテンツを配信していきますので、
みなさんよろしくおねがいいたします!!

どんな些細なことでも
質問等ある方は遠慮なくメッセージ・コメントをよろしくおねがいします。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100003152488250


TOP