マンションの外周り掃除では、ご近所に迷惑がかからない立体吸着ウエットシートが必需品です

  • google
  • hatena
  • pocket

私はもともと掃除が苦手なので、集中力も落ちてきた40代半ばからは短期決戦の大掃除は諦め、その代わりに1週間に1度位、いつもは手が回らない場所の【丁寧掃除】をするようにしています。気温の高い夏場は外仕事も苦にならないので、集中的に外周りの丁寧掃除をしています。ただ、我が家はマンションの5階住まいなので、お隣や階下のお宅に迷惑をかける掃除は避けなければならないため、いくら汚れていても大量の水でどんどん洗うことはできませんし、埃が舞い落ちるような箒の使い方もできません。以前は、ぼろ布に住居用洗剤をつけて地道に汚れをこすったりしていましたが、手間がかかる割に仕上がりがすっきりしないのが悩みでした。ところが、外周りの掃除をしていたある日マンションのお掃除の人から、ぼろ布に比べてすごく仕上がりに差が出るからと秘密兵器を教えてもらいました。それが、花王(株)の『クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート』です。

立体吸着ウエットシートを使ってみました

クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート』は、拭くだけで髪の毛・砂ぼこり・皮脂汚れ・ハウスダストなどがすっきりと取れる洗浄成分配合の立体構造シートです。もちろん本来は、クイックルワイパーにセットして使うものですが、私は外周りの掃除の時は、お掃除の人に教えてもらった通りに、ワイパーにセットはしないでシートだけを雑巾のようにして使っています。

その結果ですが、

・ベランダや玄関ポーチの手すりやエアコンの室外機は拭くだけで、砂ぼこりなどのザラザラとした手触りが消え、ピカッと光ります。

・台所の窓の網戸は、手前に柵がある構造上はずせないのですが、台所の油とほこりが合体した黒い汚れがつくので、水鉄砲を使ってみたりして今まで掃除には大変苦労していました。でも、このシートを使えば、縦・横・斜めと何回か繰り返し拭くだけで、網戸にへばりついていた黒いほこりがすっきりと取れます。

・玄関ドアの一番上には、ドアの厚みの幅で黒く固まったほこりがつきますし、周囲の枠の部分にもほこりがうっすらつきますが、薄手のシートなので上手にフィットして、細かいほこりまで徹底的に取り除いてくれます。

しかも、2度拭きの必要もなく、さわやかな香りも楽しめるので掃除が苦手な私でも気楽に取り掛かれます。また、仕上がりのすっきり感と比例してシート自体は真っ黒になるので、掃除を丁寧にしましたという達成感も半端ないです。 そして何より嬉しいのは、吸着タイプで汚れをしっかり絡めとるので、掃除の際にご近所に汚れた水や埃で迷惑をかける心配をせずにすむことです。

以上、良いこと尽くしなので、水を使わずに外周りをきれいに掃除したい時は、立体吸着ウエットシートがお勧めです。

 

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)