色々試してみるけれど、迷いが出たら戻れる心の基地的存在の商品ってありがたい

  • google
  • hatena
  • pocket

日々の生活には試してみたい商品がいっぱい。でも…

毎日の買い物で、スーパーやドラックストア、コンビニ等には所狭しと様々な商品が並んでいて、「これはどんなだろう?」と使ってみたくなります。使ってみて「これはいい!」と気に入ればリピート、イマイチだった時は他の商品を試すか、今まで気に入っていた商品に戻る事になります。

私にとって戻れる商品があるというのはありがたい事で、ちょっと大げさかもしれませんが、子供が母の元で安心する様な、実家に帰ってホッとする様な感覚と似ている気がします。信頼していて、迷わないってことです。

こういう存在になるには

  • その時の期待をズバッと満たしてくれて、その満足が長続きしたり
  • 困っていた事がいつも解決したり
  • 家族や一緒にいた身近な人が使っていた良い思い出があったり
  • 体調や気分にぴったりだったり
  • その時の自分の身の丈に合っていたり
  • と、何かしらの嬉しさや満足を多くの時間、感じた時かなって思います。

    私にとっての心の基地的商品はすでにいくつかあり、その中の2つ、洗剤と調味料をご紹介します。

    花王「ニュービーズ」

    002花王株式会社(外部サイト)

    これは実家で祖母や母が使っていた洗剤で、爽やかで清潔感のある香りが大好きな「すずらんの香り」は、自分が子供の頃の実家の洗濯場の香りを懐かしく思い出し、今は亡き祖父母との楽しかった思い出をふと感じさせてくれます。

    すずらんの香りは優しくもあり、どんな柔軟剤を使っても大抵香りがぶつからないのも嬉しいです。気になる汚れもさっぱり落とし、すずらんの香りで「あ~洗った!」と気持ちまで爽やかになれるんです。

    ヤマサ「昆布ぽん酢」

    096ヤマサ醤油株式会社(外部サイト)

    これは夫の実家も私の実家でも使っていない、自分が結婚してから使い始めたポン酢で、もう12年以上愛用しています。「もう少し酸味の優しいポン酢はないかな。」「塩辛くないポン酢はないかな。」と思っていた時に出会いました。

    酸っぱすぎない柑橘果汁と昆布のまろやかな旨みのバランスが絶妙で、鍋、しゃぶしゃぶ、餃子、唐揚げ、とんかつ等のメイン料理だけでなく、冷奴やサラダにも醤油やドレッシングの様にかけています。子供達にも酸味や醤油感が調度良いそうで、家族でほぼ毎日使う程気に入っていて、ないと焦る調味料です!

    こういう信頼のおける商品が自分の生活の中に増えるといいな、友達にとっては何だろう?、息子たちにとってこれからどういう商品がそうなるのかな~と思いながら、日々、様々な商品で楽しませてもらっています。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)