大好きなウインナーを最高に美味しく食べるために~皮はパリッ、中は熱々ジューシーに焼くコツ♪

  • google
  • hatena
  • pocket

朝食の一品にウインナーは大助かり

食欲盛りの息子達に肉系のおかずを求められる日々、ウインナーが冷蔵庫にあるとホッとする自分がいます。我が家の場合、結婚する前から夫が慣れ親しんできたアルトバイエルンがメインのウインナーになっています。
そんな夫が、アルトバイエルンがリニューアルして「The GRAND アルトバイエルン」になってから「これは美味しいぞ!かなり好みの味になってる!」と喜び、家族で今までのアルトバイエルンとの違いを話しました。

The GRAND アルトバイエルンの美味しさは

  • 夫曰く、パリッとした皮の歯切れがいいから肉との密着感を感じ、いつまでも皮が口の中に残らずに肉と一緒に食べられるし、燻製臭さがなくなって美味しくなった!
  • 長男曰く、苦手だったコロコロとした脂の塊が減って食べやすくなり、皮がパリッ、肉がジューシーで味も旨くなった!
  • 次男曰く、噛むと肉の味(旨みとコク)がチューっと出てくるのが美味しくて、食べにくかった皮がいつまでも口の中に残らないから食べられる様になった!

と家族の好みが一つになるって珍しいのですが、確かに肉の旨みは美味しいし、脂肪の塊が口に残らなくなったし、焼くとパリッと歯切れの良い皮もいい感じなのが分かります。

そんなThe GRAND アルトバイエルンを愛する家族の、焼き方のちょっとしたコツをお教えします!

まず、フライパンにグランドアルトの3分の1が隠れる位に水を入れ、中火~強火で水気がなくなるまで転がしながら茹でます。

005

次に、水気がなくなったら、中火で表面を焼き、皮が弾け、油分で光ってきたら出来上がりです!

007

ポイント:茹でるので中まで熱々、水分を捨てないので旨みを逃がさず、最後に焼くので皮はパリッとするんです♪

フライパン一つで美味しく仕上がるので、良かったら試してみてくださいね。

The GRAND アルトバイエルンについてやレシピのご参考に(^o^)↓

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)