トスサラは2段階トスがおすすめです。さらにオシャレに盛りつけるコツ♪

  • google
  • hatena
  • pocket

冬の時期はできれば温かいサラダが食べたい

私がサラダが大好きなので、よく食卓に登場します。
育ち盛りの息子達の食欲につられてつい食べ過ぎがちなので、最初の一口をサラダにして食べ過ぎを防止したり、胃の働きをよくする為に、簡単ベジタブルファースト心がけています。

サラダというと冷たいものを想像しがちですが、今のような寒い時は無理に冷たい野菜は食べず、ほうれん草やブロッコリー、レンコン、カボチャ、ジャガイモ、キノコ等を温野菜にします。

でも、せっかくの温野菜に冷蔵庫から出したばかりの冷たいドレッシングをかけ、冷ましてしまうのがどうも残念で、最近、粉ドレの「トスサラ」はいいかも!と使っています。

粉だから冷たくならない

ブロッコリー、カボチャ、人参、ゴボウなどの温野菜にトスサラを振りますと、液体ドレッシングの様には一気に冷めず、温かいまま食べられます。
また、夜遅くに会社から帰ってきた夫にもそのままレンジで温め直しが出来、「バジル味のついた温野菜も旨いな!」と温かさにホッとしていました。

もう少し綺麗にトス出来ないかな・・・

イタリアン・バジル味はスライスアーモンドとカリカリとした存在感のあるクルトンが入っていて、いつものサラダに楽しい食感を与えてくれます。

でも、トスサラをサラダにかける時、粉ドレとスライスアーモンド、クルトンが同時にバサーっと出てきます。それを器の中で混ぜるので、出来れば上に載せておきたいスライスアーモンドやクルトンが下の方に隠れてしまい、せっかく少しでもオシャレにしたいのに、見た目がイマイチでどうにかならないか…と考えていました。

2段階でトスする!

そこで考えたのは、粉とスライスアーモンド&クルトンを別々にトスさせる事でした。
まず、テトラ型の上部3ミリ位をハサミでカットして粉だけをトスし、この時点でサラダと粉ドレを和えます。

006(もう少し小さめにカットでも大丈夫です。)

次に、元々ある切り口で開け、スライスアーモンドとクルトンをトスします。

009

こうすることで、上に残しておきたいトッピングが隠れてしまう事もなく、食べる時に改めて軽くまぜながら取り分ければ、さらにオシャレな見た目に満足しながら美味しく食べられますよ♪

☆かぼちゃ・ジャガイモ・人参・ブロッコリー・しめじの温トスサラダ完成☆

011

レシピ、色々載っています。ご参考までに↓(^^)↓

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)