袋にキャップをつけると、中身を入れ替える手間なく使い勝手が良くなります

  • google
  • hatena
  • pocket

ネコ砂の袋の口を開けっ放しだと砂がこぼれて厄介

我が家にはネコがいるのでネコトイレ用の砂(ネコ砂)は必需品です。ネコトイレの砂は月に何度か全取り替えしますが、普段は汚れたところを取り除いて継ぎ足して使います。ネコ砂は1袋8キロあるので一度に全部は使い切れません。ネコ砂は他の容器に入れ替える程ではないので、封を開けたままネコ用品の箱に入れています。しかし、袋の口をそのままにしていると、ネコの餌やほかのグッズを取り出そうとしたときうっかり袋を倒してネコ砂をこぼしてしまい、掃除の手間がふえて厄介です。

袋にそのままキャップをつけちゃえばいいじゃない

キャンドゥやダイソーで見かけた袋に取り付けるキャップが気になり買ってみました。口の大きさが使うものによって違っていたり、ふたが取り外せたり、くっついていたり、計量カップになっていたりとバリエーションが豊富です。ただどれも、袋に穴をあけてキャップを取り付けて使います。袋の中身が無くなったら袋は捨てて、新しいものにキャップをつけ替えれば何度でも使えます。

袋に入ったパン粉や砂糖にも使えます

ネコ砂の袋にキャップをつけるようになったら、袋を倒してもこぼさずに済み、掃除する手間が省けています。使う時も袋が砂の重みで裂けたりしないし持ちやすいです。
ネコ砂だけでなく、チャックの付いていない袋に入ったパン粉の袋に使ったら、輪ゴムとは違いはずれません。砂糖もボトルに詰め替えて使っていましたが、キャップを使うようになったら、容器を洗って移し替えての手間がなく楽ちんです。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)