こだわりや背景に共感して価値を感じるちょっと大人なクッキー3選

  • google
  • hatena
  • pocket

モノの価値は何で判断すればいいのだろう

子どもと話をしていると、モノの価値感の違いをよく感じます。

例えば、1枚100円のドラゴンボールのカードがレアなものはネットだと1000円にも8000円にもなっていたりして、それが欲しくてねだってきます。私にはその価値が分からないのですが「お母さんだって高いもの買う時あるでしょ。僕にとってはすごく価値があるんだよ…」と。

その人が感じる価値感は、分かち合えない時もあるという難しさを日々痛感します。

そのモノのこだわりや背景、期待に価値を感じる

私が高くても買ってみたいと思うモノは、その出来上がったモノから感じるこだわりや想い、材料、時代、文化、国、地域、デザイン、希少性などの背景を感じられた時です。

自分の為だけでなくて年に何度も会えないけれど大切な家族や友人に贈り物を考える時、少しでも喜んでいただけるかなという期待にも価値を感じます。

食べている間もずっと興味が尽きないクッキー

私自身クッキーが大好きで、美味しくて感動できるクッキーは常に知りたいと思っています。その中で、こだわりを感じる魅力的でちょっと大人なクッキーをご紹介します。

  • レストラン よねむら 祇園本店
  • 料理人さんのこだわりと京都ならではの上質な素材を使った贅沢美味なクッキー

    祇園のレストランで手作りされるクッキーは12種類あり、様々な材料を使った個性豊かなものばかりです。
    宇治「丸久小山園 若竹」のお抹茶、京都・清水「七味家本舗」の七味、京都「鳴海屋」のぶぶあられを使用と京都ならではの素材も使われています。

  • 村上開新堂
  • 丁寧な仕事と時代やロマンが伝わってくる玉手箱を開けるかの様なクッキー

    明治時代の初めに始まったという、長い歴史があるお菓子屋さんのクッキーです。
    一見さんお断りで、紹介してもらって買えました。
    27種もの様々な食感・形・味わいのクッキーがぎっしり詰まっていて、手仕事の丁寧さを感じます。

  • シェ・リュイ

年配の方でも摘みやすく、様々な味を楽しめる宝石の様なクッキー

7種類の可愛らしい一口サイズのクッキーが所狭しと入っています。
一度にたくさんは食べられなくなってきた60代後半の母や母世代以上の方に、様々な種類が少しずつ味わえると人気です。

私は本を読むときや家事の息抜きに、一つずつ口に入れて食感の違いを楽しむのが好きです。

上記のクッキーは過去にいただいた際、目にも舌にも美味しくて、こんなクッキーがあるのかと、とても感動しました!
こだわりに共感し、贈った相手にも「すごく美味しかった!」「素敵なクッキーで感動した!」と同じ様な体験していただけるのが嬉しくて選んでいます。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)