フォレストアドベンチャー秩父は冒険したいファミリーにおススメです

  • google
  • hatena
  • pocket

親子で体験できる日を楽しみにしていました

森林の中、1本のケーブルに宙吊りになって滑り降りるジップスライド。その高さと爽快感あふれる映像をテレビで見て以来、親子でずっと行きたいと思っていたフォレストアドベンチャー秩父。
冒険大好きな息子たちがやりたいというアドベンチャーコースは難易度が高く、小学4年生以上という年齢制限があるため、当時は行けませんでした。
それが今年度、めでたく家族全員が条件を満たしました。早速HPで情報をチェックし、待たずに利用するために予約することにしました。当日の天気が心配でしたが一般客ならキャンセル料がかからず、悪天候でクローズになる場合は連絡いただけるとのことなので、安心できました。

大人も子どもも真剣になります!

指定の時間に集合し、書類を記入して料金を支払ったら器具の装着です。体に専用のハーネス(安全装置)を付けてもらい、扱い方の説明や安全講習を受けます。
樹の上で活動する時は常にハーネスとコースのケーブルをつないでおき、万一の落下に備えるそうです。聞いているうちに高まる緊張感。いつもふざけている生意気盛りの小6長男も真剣です。

コースは高い樹の幹から幹にハシゴや、ロープ、アミなどが渡してあり、そこを通って進みます。そしてジップスライドは、なんと頭上のケーブルにハーネスでぶら下がり、森の中をターザンのごとく滑り降りるのです。
高いところ大好きな私も、最初はその高さに躊躇しました。でも、飛び出すと、自分が風になったように移動する感覚、俯瞰で見る山の風景は素晴らしく、楽しかったです。

全員でクリアする達成感は最高です

コースでは子ども達が器具の扱いに戸惑った夫に「お父さん、こうやるんだよ」とアドバイスしたり、いち早くクリアして「お母さん、もう少しだよ」と声援をくれたり、頼もしい限りです。お互いを気遣い、家族でクリアしていく大切さが実感できました。

フォレストアドベンチャーは全国各地にあり、施設によって難易度も様々です。小学校低学年でも可能なディスカバリーコース、身長110cm以上から利用できるキャノピーコースなど、同行するメンバーに合わせて選べます。
自然を満喫して、子ども達と対等に向き合って、冒険して、身も心もリフレッシュできますよ。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)