キッチンシンクのスポンジ置きをいつも清潔にしておきたいなら、ダイソー「キャッチフック」がお勧めです

  • google
  • hatena
  • pocket

キッチンシンクのスポンジ置きはきちんと水切りができて清潔にしておきたいので、ステンレス製のものを使用していました。洗い物が終わった後に綺麗に掃除をしていますが、忙しいときには簡単に済ませてしまうため、気が付くと見えにくい場所が黒く汚れているときがありゲンナリすることがあります。もっと簡単に掃除ができるものがないかなと思っていたときに、マジックテープの様にナイロンスポンジを貼り付けられるダイソー「キャッチフック」を見つけました。

カビが生えにくいです

ステンレス製のスポンジ置きやプラスティック製のものなど色々と試してきましたが、形が複雑なのでこまめに隙間ブラシなどで洗わないと見えない場所にカビが生えてしまいます。でも「キャッチフック」は表面がマジックテープの様になっているシールなので、フックや吸盤などの様な凹凸がなく汚れたりカビが生える心配がないのが嬉しいです。

好きなところに貼り付けられます

テープを剥がして貼るだけなので、今まで置けなかった場所にも手軽にスポンジを置くことができます。
なるべくキッチンをスッキリと見せたいので、洗い物をした後の水切りかごはシンクの中に入れるタイプのものを使用しています。そのため、シンクの半分をかごが占めているので、スポンジ置きが飛び出ていると洗い物をしている時にとても邪魔でした。スポンジ置きを退かして「キャッチフック」にしたら、洗い物の最中もシンクが広々と使えるのでとても作業がはかどります。

シンクのスポンジ置きの汚れが気になっている人は、是非一度試してみてください。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)