しっかり洗えて、すぐ乾く。おススメの食器&調理器具洗いは「スコッチ・ブライト™ 汚れ落ちがはなまるのネット」です

  • google
  • hatena
  • pocket

乾きやすいネット状だから清潔です

数年前から、食器洗いのスポンジやブラシなどをアレコレ試していましたが、ようやく私にとって理想的なものを見つけました! それはスリーエム ジャパン株式会社の「スコッチ・ブライト™ 汚れ落ちがはなまるのネット」です。
一番気に入ったのは水切れが良いことです。食器洗いを終えたネットはすすいだら片手で軽く絞り、台所洗剤置きのカゴに掛けておきます(下写真の中央左)。
それだけで次に使う時にはしっかりと乾いているので、使った後は素早く乾かして雑菌が増えるのを防ぎたい、という思いが簡単にかないます。

油汚れ・焦げ付きもしっかりこすれます

これまで試した食器洗いネットの中には、薄くて頼りないものもありました。薄いと泡立ちも悪く、すぐ破けたりして使い勝手がイマイチでした。でも、汚れ落ちがはなまるのネットは複雑に絡んだ網目が二重になっているので、ほどよい厚みがあって丈夫です。
特に焦げ付いてしまった鍋底を洗う時や、タッパーのカドを洗う時など、キッチリとこすれる上に、指先に汚れを落としている感覚が伝わってくるため、洗いやすいのです。

ネットの大きさは、女性にしては手が大きめな私の手の平と同じぐらいの長さです。お皿やグラスを洗う時は二つ折りにして挟みながら両面を一気に洗えますし、フライパンやザルなどは広げて洗ったり、しつこい汚れには折りたたんでこすったりできるので、効率よく洗えます。

細い部分や狭い部分も得意です

キッチンで大活躍の汚れ落ちがはなまるのネット、古くなって買い替えの時期になったら、私は古い方は窓の桟の掃除に使ったり、花瓶を洗ったりするのに使っています。
嬉しかったのは、口の狭い一輪挿しをしっかり洗えたこと(上写真)。 これまでは入るスポンジやブラシがなかったので、ペーパータオルを菜箸に巻いて洗っていましたが、隅の方の汚れが落ちないし、花瓶から取り出す時に破けてスムーズに出せなくなるのが不満でした。
汚れ落ちがはなまるのネットなら菜箸を利用して狭い口からも入り、隅々までキッチリ洗え、取り出しも簡単です。

ただ、私はキッチン用品は白や黒などのモノトーンを基調に揃えていて、アクセントとして黄緑色をチョイスしているので、できれば白や黄緑色の汚れ落ちがはなまるのネットがあればいいな♪なんて夢見ています。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)