免疫力をアップさせたくて、タニカ電器「ヨーグルティア」で甘酒を作っています

  • google
  • hatena
  • pocket

免疫力アップに「飲む点滴」甘酒を飲んでいます

今年もインフルエンザが流行しています。幸い私はまだインフルエンザには罹っていませんが、免疫力の低下は万病の元と聞きますので、普段から免疫力アップを心がけています。

「飲む点滴」とも言われる甘酒は栄養豊富で、テレビ番組でお医者様が免疫力アップにつながるとコメントしていたのを見て以来、スーパーで甘酒を買っていました。
ですが、毎日飲むにはそれなりにコストが。。。それではと、自分で作る事にしました。
米麹を使う甘酒は炊飯器で作ることが出来ますが、やってみると温度設定が意外に難しかったのを覚えています。その後ヨーグルトメーカーでの作り方を知って、今ではタニカ電器「ヨーグルティア」で作っています。

ヨーグルティアなら甘酒づくりの温度調節や時間設定はお手の物

このヨーグルティア、もともとヨーグルトを作ろうと数年前に購入したのもので、温度設定が25度から65度に、タイマーが1時間から48時間まで設定できるので、ヨーグルト以外にも甘酒、塩麹、更に納豆まで作れる優れものなのです。

作り方は簡単!一般的にはご飯やおかゆを使いますが、私は米麹と水だけで作る「早作り」。
まずヨーグルティアの内容器に水を1㎝程度入れ、専用スプーンと内蓋をセットして電子レンジで加熱消毒します。
湯を捨て、そこに米麹200g~250gと水300mlを入れて良く混ぜ、ヨーグルティア本体にセット。60度で8時間に設定したら、後はヨーグルティアにお任せです。
8時間後には、麹の粒の残った甘酒が。よくかき混ぜて出来上がりですが、粒が気になる場合はミキサーにかければ滑らかになります。私はスティックミキサーを使っています。

甘酒って意外に応用が利く!いろんなアレンジレシピも楽しめます

酒粕を使わず、米麹で作る甘酒はアルコール分0ですので、どなたでも安心して飲めますね。
米麹だけでこんなに甘くなるなんて!と初めて作った時は感激でした。出来上がりが濃すぎると思ったらお湯で割ってみてください。私はこのままヨーグルトに混ぜたり、豆乳で割って美肌女優さんたちが飲んでいると噂の豆乳甘酒にして楽しんでいます。
先日見たテレビ番組では、甘酒を時短カレー作りに使うと、20分でも長時間煮込んだ感が出せるとか。
タニカ電器のオフィシャルブログでは、ヨーグルティアで作った甘酒やヨーグルトなどを使ったレシピがたくさん紹介されています。

私自身の経験では、甘酒を飲み始めてから風邪を引きにくくなった気がします。これから花粉症のシーズンですし、ヨーグルティアで作った甘酒でこの季節を上手に乗り切りたいです。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)