今年の大掃除では、『オキシクリーン』が大活躍です

  • google
  • hatena
  • pocket

掃除嫌いなので、簡単・手軽に惹かれます

私は、きれいな空間が大好きですが、掃除は苦手で嫌いなので、なるべく簡単に汚れを落としたいと日々模索しています。
そんな私が、ぼちぼち始めている大掃除で使えるわーとはまっているのが、ドラッグストアで「インスタで大人気の汚れ落としです!」のポップの下に山積みされていた『オキシクリーン』です。

『オキシクリーン』とは

アメリカ生まれの酸素系の漂白剤です。洗濯に使えば、血液、醬油、黄ばみ、汗ジミなどの頑固な汚れを落としますし、靴下のにおいなどもすっきりとってくれます。

でも、『オキシクリーン』は洗濯だけでなく、他の汚れ落としにも威力を発揮します。
酸素系なので、塩素系のようなツンとする臭いがしませんし、少しヌルヌルしますが、手で直接触ったとしても大丈夫な点も利用しやすいです。

汚れ落としでの使い方は、まず、溶液を作ります。

  • 40度から60度のお湯を1.5l用意します。(熱いお湯のほうが効果的とあったので、私は給湯器のマックス温度の60度で利用しています。)
  • 粉末の『オキシクリーン』をキャップに2杯ほどお湯に入れて、泡だて器で泡立てます。汚れを分解してくれる泡がモコモコと泡立てば完成です。
  • ただし、酸素系の漂白剤は6時間経つと溶液の有効性が消えてしまうので、作り置きはできません。

使い道は、多岐にわたります

薬缶やグリルのコゲも、お湯呑みなどの茶渋も、少し【オキシ漬け】にしたあと、こすればすっきり取れます。 また、油汚れにも有効で、台所やリビングの照明器具についた油っぽいほこりも、【オキシ溶液】を少し含ませた布で拭いて、再度からぶきすればきれいに落ちます。

何より、私が感動したのは、換気扇のシロッコファンです。【オキシ漬け】に30分した後、水でよくすすぐだけで写真のような仕上がりになりました。今まで、いろいろな洗剤を使ってきましたが、どうしても最後は、歯ブラシで羽根を1本ずつ、ゴシゴシしないと羽根の端の部分の汚れが落ちなかったので、この簡単さは本当にうれしいです。

また、以前みもざさんが紹介されていた「洗濯機のお掃除」にも使えるので、利用しています。

こんな風に『オキシクリーン』を使えば、簡単に頑固な汚れが落ちるので、ずぼらな私でも次は何をきれいにしようかなと嫌いな掃除に積極的に取り組めています。
とってもお手軽に汚れが落ちるので、お掃除が嫌いという方に、ぜひ、お勧めしたいです。

 

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)