アサヒ飲料「ほっとレモン」ならその日の気分でアレンジしたい人にお勧めです

  • google
  • hatena
  • pocket

肌寒い日が増えてきて、小3長女が朝起きてくるとまず「何か温かいものが飲みたい」と言うようになりました。「ホットミルク飲む?」と聞くと、「甘ったるいからミルクじゃなくてレモンの方が良い」とアサヒ飲料「ほっとレモン」を欲しがります。最初は「ほっとレモン」としてだけ飲んでいたのですが、希釈タイプのものなので我が家では色々な使い方ができるので重宝しています。

冷たいジュースとして飲んだりホットにしたりとその日の気分で飲み分けられます

朝や夕方など寒い時はホッと温まりたいのでホットで飲みますが、小3長女が学校から帰ってくる3時頃はまだ暑くて「喉かわいた」と言って汗だくで帰宅してきます。そんな時は「ほっとレモン」を冷水で割ってレモンジュースを作ったり炭酸の好きな次女には炭酸で割ったりと、その日の気分で飲み分けています。

ヨーグルトなどのソースとしても利用できます

%e3%80%90%e3%81%bb%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%83%ac%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%80%91%e2%91%a1

ヨーグルトは自分の好みの味にしたいので、プレーンヨーグルトにブルーベリーソースなどのソースやはちみつをかけて食べています。「ほっとレモン」はレモンとはちみつの味でまろやかな酸味なのでヨーグルトのソースとしてかけて食べることもできます。ジャムと違うのでヨーグルトに絡まりやすく、年少の次女もスプーンでぐるぐる混ぜて味見をしながら好みの味にして食べています。

お酒の好きな夫にも好評です

夫は夜くつろぐ時間には焼酎でハイボールやウーロンハイを作ったりと好みの味でお酒を飲んでいます。果物のレモンを使うのは面倒だけれど「ほっとレモン」ならレモンの味がしっかりした中に甘さもあるので、焼酎で割るだけで簡単にレモンハイを作れます。2杯目はレモンハイを作るので、夫からはお酒用として「買ってきて」とリクエストするようになりました。

お茶と違って毎回必ず飲むとは限らないので、ペットボトルのジュースとして購入するのはためらいますが、希釈タイプの「ほっとレモン」ならその日の気分で飲み分けられるし、ソースとしても色々な使い方ができるので、1本冷蔵庫にあると家族みんなが好みの飲み方で使えるのでお勧めです。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)