亭主の好きなおつまみは、白味噌パウダーにお任せです

  • google
  • hatena
  • pocket

味噌煮込みうどんや味噌カツが有名な愛知県出身の夫は、味噌味が大好きです。晩酌のあてにも味噌料理があると喜ぶのでなるべく作るようにしていますが、味噌は醤油や塩に比べると溶けにくく量の調整が難しいので、5年ぐらい前に液体味噌が出た時はとても嬉しかったです。ただ、自分の料理の腕を棚に上げての感想ですが、液体味噌は炒め物の仕上がりが少しベチャっとなりやすいですし、色味も全体的に茶色っぽくなるのが不満でした。なので、3年前にテレビで紹介されているのを見て飛びついたのが、白味噌を粉状にしたカルディオリジナル『白味噌パウダー』です。

白味噌パウダーを使えば、料理のアレンジが広がります

『白味噌パウダー』は、見た目はさらさらとしたクリーム色の粉ですが、口に含むと味噌の自然なうまみと塩気が味わえます。粉ですし色味もほとんどつかないので、塩と同じ感覚でどんなお料理にも使えます。

foodpic6642121

袋の裏には、切り身魚の白味噌パン粉焼きや味噌チーズフォンデュなどのおしゃれな料理が紹介されていますが、私自身がよく作っているのは、もっとお手軽なおつまみです。中でも、よく作るのが、茹でた切り干し大根と竹輪のワサビ味噌マヨネーズ和えとレンジでチンしたジャガイモとウィンナの甘味噌炒めです。

foodpic6642119

どちらも、10分かからずに作れますが、味噌の風味が加わることで目先が変わった味が楽しめますので、味噌料理ラブな我が家の夫だけでなく、持ち寄りの一品にしても人気です。

また、飲んでいるうちにもう一品欲しくなった時には、5分でできる豆腐とねぎの白味噌炒めや、
卵とねぎの白味噌炒めを作ることも多いです。『白味噌パウダー』は粉状で水気が出ないし色目もきれいにできます。

年末年始は普段は留守がちな夫も在宅時間が多いです。夫は好きなおつまみでお酒を飲めばご機嫌なので、お値段も1袋163円とお手軽な『白味噌パウダー』を助っ人にして、味噌味のおつまみをパパッと作りたいと思っています。

 

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)