リリース

2016.07.26

~ ポテリッチ×TOKYO IDOL FESTIVAL2016コラボレーションキャンペーン ~
レシート投稿システム「メーカー’s ポイント」上で
『ポテリッチ presents アイドル神推し決定戦』実施

株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:高栖祐介)は、このたび、カルビー株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:伊藤 秀二)が主催する『ポテリッチ presents アイドル神推し決定戦』のキャンペーンを当社のレシート投稿キャンペーンサイト「メーカー’s ポイント」上で実施します。

本キャンペーンは対象商品1袋1票として、3組のアイドルグループ(Negicco、PASSPO☆、夢みるアドレセンス)の中からお客様が応援したい1組に投票を行い、投票数1位となったアイドルグループが「ポテリッチ」の期間限定イメージキャラクターになるというものです。投票は、お買い上げレシートの写真を「メーカー’s ポイント」内のキャンペーンページ(https://club-poterich.makers-pts.net/)に投稿して行ないます。対象商品1袋購入ごとに1票とし、お一人様何度でも投票可能です。

さらに、1位に選ばれたアイドルグループに投票した方の中から抽選で10名様を、アイドルグループとの“リッチ体験”に招待します。

今回のキャンペーンで使用する「メーカー’s ポイント」とは

マーケティング会社ドゥ・ハウスが運営するレシート投稿キャンペーンサイトです。サイトに掲載された対象商品をお店で購入し、レシート画像を投稿するたびに、現金や電子マネーに交換可能なポイントが貯まるシステムです。対象商品は「たまご」や「野菜」「お肉」などの食品をはじめ、日々のお買い物で購入するようなものが中心です。

https://www.makers-pts.net/

キャンペーン概要

<応募方法>
対象商品を購入してキャンペーンサイト(https://club-poterich.makers-pts.net/)にアクセスし、お買い上げレシートの写真を撮影・添付して投票。対象商品1袋1票とし、お一人様何度でも投票可能。(レシートの重複は不可)
※投票には当社が運営する「メーカー’s ポイント」サイトへの会員登録(無料)が必要。

<期間>
2016年7月19日(火)14:00~11月15日(火)15:00

<対象商品>
カルビー「ポテリッチ」全種/「ポテトチップスコンソメWパンチ」全種/「ポテトチップス濃い味」全種

<キャンペーンお問い合わせ窓口>
キャンペーンサイト:https://club-poterich.makers-pts.net/
電話:0120-55-8570
受付時間:土・日・祝日を除く 月~金曜日 9:00~17:00

キャンペーン告知パッケージ

TOKYO IDOL FESTIVALとは?

「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」は、お台場、日本の夏の風物詩となっており、今年で7回目を迎える世界最大のアイドルイベント。

“アイドルカルチャー”を世界に発信し創出するターミナル「TOKYO IDOL PROJECT」が主催となる。
今年は、これまでの2日間から3日間へと拡大し、今をときめく人気アイドルが多数出演する。

キャンペーン参加アイドルグループ紹介

<Negicco>
2003年に結成された新潟在住アイドル・ユニット。
メンバーはNao☆、Megu、Kaede。現在「にいがた観光特使」を務める。過去のシングルはオリコンウィークリーTOP10以内にも3作がランクインしている。5月24日には3枚目のアルバム「ティー・フォー・スリー」をリリースし、7月30日にはNHKホールでのワンマンライブを行う。

<PASSPO☆>
女性グループ史上初のオリコンウィークリー首位デビューを果たした、ガールズロックでお客さまを忘れられない旅にお連れする7人組ユニット。
「アイドル支持率No.1アイドル」として名高く、イベントの際は共演者からのラブコールも多い。

<夢みるアドレセンス>
とにかく全員かわいいと話題沸騰中の5人組アイドルグループ。
“カワイイだけじゃダメなんですか!?”を合言葉に活動中。
人気ティーンファッション誌モデルを中心として2012年に結成され、5人のアドレセンス(=思春期)による等身大の自分が表現されたステージが、同世代だけでなく幅広い層の支持・共感を集めている。2016年6月Zepp Divercityでの単独LIVEを完売御礼、7月にはMINMIプロデュースによる5thシングルを発売するなど、今、もっとも話題を集める注目アイドル。

調査結果の引用、見積もり依頼等のご相談はお気軽にご連絡ください

Column&CaseStudy-聞く技術研究所の記事より
Positive Post-主婦マーケターによる商品体感ストーリー

TOP