「聞く力」

ドゥ・ハウスの全てのサービス、研修のベースに「聞く力」があります。
「聞く力」は物事をあるがままに受け入れ、その受け入れたモノや相手になってみて感じ、そこで感じた様をそのままに表現する運動のことです。

「聞く力」5つの要素 1.あるがままに全てを受け入れる

あるがままとは先入観を捨て、全てを受け入れることす。

目を閉じ、そのまま3分間、周りの音を聞いてみると、今まで気がつかなかった、様々な音が聞こえてきます。聞いた音すべてを列挙してみると、自分の周りにある音の多さに驚くことでしょう。あるがままのものを全て受け入れ、自分に都合がよいものも悪いもの・興味を引くもの引かないものも、すべてあるがままに受け入れること。それが「聞く力」第一の修行です。

Column&CaseStudy-聞く技術研究所の記事より
Positive Post-主婦マーケターによる商品体感ストーリー

TOP