「聞く力」

ドゥ・ハウスの全てのサービス、研修のベースに「聞く力」があります。
「聞く力」は物事をあるがままに受け入れ、その受け入れたモノや相手になってみて感じ、そこで感じた様をそのままに表現する運動のことです。

「聞く力」5つの要素 4.考える足

「考える足」は仮説を開発する技術の実践のことです。

どうして「足」なのか?これは、机にかじりついたり、頭の中だけで考えるのではなく、フィールド(=現場)に出て、五感を使って体感し、データにまみれる中から仮説を作り出すプロセスが大切だと考えるからです。こうした「野外科学」の精神を私たちは原点にしています。

Column&CaseStudy-聞く技術研究所の記事より
Positive Post-主婦マーケターによる商品体感ストーリー

TOP