聞く技術研究所-株式会社ドゥ・ハウス

Search Results For: instagram

Instagram広告を徹底分析!ハイクオリティなクリエイティブを通して、潜在的なファンを引き込む。

Instagramは2015年10月1日より、どんな企業でも利用が可能なセルフサーブ(運用型)広告の提供を開始しました。Instagramの利用者は日本国内で800万人を突破し、今後Instagram広告を見る人の数が増えていく中、企業はInstagram広告をどのように活用していけばいいのか。Instagram広告の特徴と広告タイプをご紹介します。

ハッシュタグはどうすればいい?Instagramで盛り上がるハッシュタグを見つけ、生活者とのコミュニケーションを活性化する。

今ではTwitter、Instagramだけでなく、Facebook、Google+ 、Pinterestなどでも使われているハッシュタグ(「#」記号の後に文字列が続く形のタグ)。マーケティングの担当者の中には、Instagramでの投稿やキャンペーンにおいて、「どんなハッシュタグを付ければよいか」お悩みの方も多いのではないでしょうか。

Instagramユーザーとタイアップし、商品利用者に商品価値をビジュアルを通してクチコミしてもらう施策のご紹介

ソーシャルメディアが普及して日々何万もの写真がアップデートされている今日。コミュニケーションの手段も変わり、文字を使用するよりも画像や動画など“視覚的なイメージ”を用いて表現することが多くなりました。

【事例紹介】ソーシャルメディア投稿キャンペーンを実施する際に知っておきたい各メディアの特長

商品・サービス利用者のクチコミは信頼度が高いコンテンツなので、クチコミをソーシャルメディア上で拡散させるためのキャンペーンを実施している、または実施を検討しているサービス担当の方は多いと思います。

今いいね!しているファンはどのような方なのか?一般生活者との比較調査の事例をご紹介

実際にどのような方がページにいいね!を押してファンになっているのか気になりませんか?今回はFacebokにいいね!をしているファンと、一般生活者とを比較した調査結果を、当社の消費行動モデル「AUTRP(オートループ)」にあてはめた結果を紹介します。

ファンの声を活用可能なコンテンツとして蓄え、商品・サービスの成長を応援します

ソーシャルメディアの登場で、生活者は気軽に商品やサービスの感想をあげられるようになりました。ファンのポジティブなクチコミは昔から強力なプロモーションメッセージでした。ソーシャルメディアで投稿された商品・サービスの写真や感想は、あらゆる場面でコンテンツとして活用することができます。

クチコミを中心にコミュニケーションを設計する「聞くプロモーション」の背景と具体例の紹介

クチコミプロモーションを35年実践してきた当社は、クチコミとコミュニケーションの技術は「聞く力」にあると考えています。生活者が情報発信できる環境が当たり前のように整った現在、その技術の活用方法がより強く、広くなってきたと感じます。

情報発信メディアとしてだけでない、愛用者を発掘するメディアとしてのFacebookページ運用方法

自社やブランドのFacebookページを、単に【Facebookユーザーに向けて情報を発信するメディア】として捉え、運用しているページをよく見かけます。そのようなページはKPIをファン数や、投稿のリーチ数としているところが多いです。