You are here: Home » ブログ » コンテンツに生活者視点を取り入れる為のある方法

コンテンツに生活者視点を取り入れる為のある方法

Original Update by Roo Reynolds

現代のマーケティングにも通じる数々の商法で活躍した近江商人という、行商形式の商人の存在はご存知かと思います。彼らの商法・理念にはWebマーケティングを行うにあたっても、参考となる理念がありますので紹介します。

■「売り手よし、買い手よし、世間よし」

『Win-Winの関係』に代表されるように、商売を考える際には、二者間での利益の追求を想定しがちとなってしまいますが、近江商人は行商という特性上、販売を行う土地に関して配慮を行ってきました。 それが、【三方よし】という概念で、『売り手』自身の利益・『買い手』買い手の利益だけでなく、商売を通じて地域社会にも貢献をするという『世間』という概念を取り入れた『売り手よし、買い手よし、世間よし』という概念となります。

■Webにおける三方

上記概念をWebコンテンツに置き換えて考えてみると、以下のようになります。 ・ 『売り手』・・・発信コンテンツ ・ 『買い手』・・・閲覧者 ・ 『世間』・・・・とりあげるコンテンツまわりの製品を利用する顧客の声 Webにおける集客ではSEOに代表される通り、検索サイトからの関連するキーワードによる来訪や、興味関心の深い人たち(もしくは、そうなる可能性のある人)からの来訪を受けることを前提とするなど、サイトが『辞書』としての役割を担うことが多いかと思われます。 ただ、Web上では、伝えたい情報というものは、必ずしも辞書としての正しい情報が、伝わりやすい訳ではありません。先日もご紹介の通り、『人の体験情報』というフィルターがかかり、かつ、その経験をシェアすることによって、クチコミが発生、より多くの体験情報が連鎖的に生まれる・広がるという構図があります。 まさに、『三方』の中の『世間よし』の部分となります。 オウンドメディアや、ソーシャルメディアの運用でコンテンツ展開に悩んだ際には、一度製品のターゲットとなるフィールド(世間)がどのような環境で、何を求められているのか、という点に立ち戻ってサイトの役割を検討し直すと、新たな方針が検討できるかと思います。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。