You are here: Home » 調査結果 » 定量リサーチ » 2012年GWの旅行重視点把握調査~「安・近・短」トレンドは本当か?

2012年GWの旅行重視点把握調査~「安・近・短」トレンドは本当か?

2012年のゴールデンウィークのトレンドといわれたのが「安・近・短」(価格は安く、期間は短く、距離は近い)。このトレンドは本当だったのか調査を実施しました。合わせて、国内空港の利用率と満足度を聴取しています。

■調査目的

  • 旅行探索時の重視点を把握する。特に、トレンドとされる「安・近・短」重視層のボリュームを把握する
  • 国内主要空港の利用者満足度を把握する

 

■調査結果【2012年GWの旅行実施率/重視点】

  • 2012年のゴールデンウィークに旅行をした人は18.4%
  • その旅行探索時に気にしたことをみると、いわゆる「安・近・短」の傾向はみられなかった。特に距離については「遠くがいい」ことを気にした人が約半数となっている

 

■調査結果【直近3年間空港利用率上位15港と利用満足度】

  • 旅行時に利用する空港について、国内50空港の直近3年の利用率をみてみると、羽田空港が41.9%、成田空港が29.0%、新千歳空港が18.4%となっている
  • 利用した空港についての満足度をみると、羽田空港と新千歳空港は8割を超える満足度を得ている。羽田空港は国際線の拡張、新千歳空港はリニューアルの効果が出ているものと考えられる

 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。