You are here: Home » 調査結果 » 定量リサーチ » Twitterの認知率・利用率の経年比較調査~認知率・利用率、共に大幅増加

Twitterの認知率・利用率の経年比較調査~認知率・利用率、共に大幅増加

既に身近なWEBツールとして定着した感のあるTwitterですが、「身近なWEBツール」という肌感覚はどれほど世の中の実態に即しているものなのでしょうか。経年比較および、複数のクロス集計から、Twitterユーザーの概観を把握する調査です。ブランドのPRなどにTwitterを利用している企業・団体のご担当者様には、ご自身が想定するターゲットに訴求するツールとしてTwitterが適しているのかどうかを判断する際の一助としていただければと思います。

■調査目的

  • 2010年2月と2012年4月のTwitter認知率、利用率を比較することで、その浸透度を把握する
  • 2012年4月の利用率を属性別に把握することで、Twitterを通じたプロモーション活動におけるターゲティングの一助とする

 

■調査結果【[経年比較]認知率、利用率】

  • 2012年4月時点でのTwitterの認知率は94.6%、利用率は20.0%
  • 2010年2月調査と比べると、認知率、利用率共に増加している。特に利用率は、7.2%から20.0%と大幅に増加している

 

■調査結果【[2012年]属性別利用率】

  • Twitterの利用率を年代別にみると、若い年代ほど利用者が多い。特に、15~19歳では50%以上が利用している。
  • 職業別にみると、学生の利用率が高く、専業主婦(夫)の利用率は約14%に留まっている。
  • 有職者の労働時間別にみると、比較的労働時間の長い人ほどTwitterを利用している傾向がみられる。

 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。

 

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。