You are here: Home » 事例紹介 » Facebook ケーススタディ » 今いいね!しているファンはどのような方なのか?一般生活者との比較調査の事例をご紹介
Original Update by Moyan Brenn

今いいね!しているファンはどのような方なのか?一般生活者との比較調査の事例をご紹介

当社は、Facebookを中心にTwitterやInstagramなどソーシャルメディアを活用し、メーカー様と生活者の交流を支援しています。ソーシャルメディアをメーカー様とファンとの交流の場と考え、商品やサービスのファンとつながり、コンテンツ紹介やコメントでコミュニケーションを行っていくことを軸とした運営を行っております。

実際にどのような方がページにいいね!を押してファンになっているのか気になりませんか?今回はFacebokにいいね!をしているファンと、一般生活者とを比較した調査結果を、当社の消費行動モデル「AUTRP(オートループ)」にあてはめた結果を紹介します。

ファンと一般生活者(アンケ-トモニター)とを比較した結果

AUTRP


調査対象:当社運営Facebookページ
調査時期: 2017年
実施内容:ファンおよびファン以外の生活者へ同一のアンケートを実施。
回答数 :1,200サンプル(うちファン:700s、一般生活社:500s)

各項目ともFacebookにいいね!をしているファンが一般生活者と比較し、数値が高いです。特に、Repeat(継続使用)、Promote(推奨)は約30%の差が出ています。商品・サービスに対して愛着度が高い方とFacebookページ上でつながっていると考えられます。

Facebookページの交流によって、約70%の方にポジティブなアクションを起こせている

上記はFacebookにいいね!をしているファンの属性を確認したものです。実際にFacebookページを通じて態度変容を起こしているか、ファンのみを対象にページを閲覧して実生活に変化はあったかというアンケートを行いました。その結果、「閲覧して特に変化がなかった」と回答したのは約30%ほど。回答者の70%が、食べる回数が増えたり、お店で探したりといったポジティブな変化が起きています。

態度変容

ソーシャルメディア運営を通じて愛着度が高い方とつながり、そこからさらにコミュニケーションを取リ続けることで、ファンの実生活にもポジティブな変化を起こすことができます。

当社ではソーシャルメディアの運営のみならず、運営を通じた態度変容の効果検証もご支援可能です。今のソーシャルメディア運営が目的に沿って運営できているかをまずは検証してみませんか?今のページ運営について課題があるなと感じているご担当者さま、ぜひ当社までご連絡ください。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

株式会社ドゥ・ハウス マーケティング・コミュニケーション事業部

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。