You are here: Home » サービス紹介 » 生活者との繋がりとコミュニケーションを築く「ソーシャルメディア開設・運営」の魅力

生活者との繋がりとコミュニケーションを築く「ソーシャルメディア開設・運営」の魅力

ソーシャルメディア(主にFacebook)を活用した生活者とのコミュニケーション戦略を「聞く力」と「伝える力」を駆使して、企画・運営を支援しているサービスです。当社独自の研修を受けた主婦のフィールドマーケター(以下、「DOさん」)が企業ご担当者とともに、主婦ならではの視点を活かした記事投稿プランの作成やコメントの確認などを行い、支援いたします。

ソーシャルメディア開設・運営とは
ソーシャルメディアの醍醐味である生活者とのリレーションを「聞く力」を駆使して支援します。生活者の声を活かした運営が強みです。

今の仕事に携わるきっかけを教えてください

2011年にDOさんとなり、そろそろ5年目になるのですが、このお仕事を始める前までは、そんなにSNSについては詳しくなかったんです。でも、ドゥ・ハウスのお仕事でレシピサイトのTwitterやFacebookで料理に関する情報発信(および受信)をしていたことがあり、それがきっかけでソーシャルメディア開設・運営に興味を持つようになりました。今では、お菓子とレトルト食品を扱っている2社のFacebookページサポートを主に担当しています。

pc

クライアントさんが持っているFacebook運営での悩みとはなにでしょう

ソーシャルメディアを使って商品のファンの方と繋がったり、身近にコミュニケーションを取りたいけど自社内だけではノウハウがなかったり、どうしていいのかわからない、という悩みもあるようです。Facebookページは、運営をしていく中でファンの方々がコメントをしてくださることで繋がることができ、リアルな情報発信の場となり、よりクライアントさんの製品を知ってもらえるようになっているのではと思います。
 

社員に聞いた、DOさんの記事や、写真、提案に対するクライアントの反応はありますか

DOさんが報告会に行くことで、提案に対して説得力が出ると聞きました。やはり、生活の感度が高いプロである「主婦」だからこそだと思います。記事、写真については、もちろん社員とクラアントでチェックしますが、任せてもらっていることがほとんどです。それに、なんといってもクライアントの社長が「自社のFacebook投稿を見るように!」と朝礼で言っていたこと聞いて、DOさんの力はとても大きいとつくづく感じました。

 

企業のFacebook運営の支援で橋岡DOさんは主にどんなことをしているのでしょうか

投稿のスケジュールや企画、アイデア案の作成、記事内で使用する写真の撮影という事前準備から、実際の記事の投稿、いただいたコメントへの返信もしています。私は主に写真撮影を4回/週、記事を3回/週のペースで作成しています。頻度が高いので、何が流行っているか、とか、楽しそうなイベントってないかな、と常にアンテナを張るようにしています。

それと、ある時スーパーに行ったら、Facebookページで投稿した、私の撮影した写真がお店の棚に貼ってあったんです!これにはびっくりしましたが、とっても嬉しかったです。

 

写真の撮り方や、コメント投稿する時のこだわりや気をつけていることはありますか

写真は投稿するうえですごく大事なので、気を使っています!食品はおいしく見える角度や、盛り付けなどを他のFacebookページや、雑誌を参考にして学ぶようにしています。

10

こだわりは、記事をみてくださっている方々が「あ!これ私にも作れそう」と思えるようなものや、普段の買い物で手に入る材料で『簡単に作れる』ものを意識しています。基本的に社員と一緒になって動いているので、写真を撮ったら確認してもらいます。クライアントさんに投稿案を見ていただく前に、二人でどうしたらもっと魅力的に見えるかを議論しています。

お菓子のページは商品の大きさが分かるように小物を配置したり、キャラクターがいるので、それと一緒にどう並べたらお菓子がはっきりと見えるのかを考えていますね。

コメントに関しては、基本的なことではありますが、返信の際にお名前を間違えないようにするため、チェックシート(チーム内で作成したもの)で確認しています。投稿前は一層気を張りますね。

 

チームでは具体的にどんなことをしているのですか

月1回、Facebookページをサポートしているメンバー、社員も含め全員で定例会を行っていて、テーマを決めて勉強会をしています。

この前は各自、良いと思うFacebookページを発表して、その理由などについて議論しました。普段はバラバラに出社している他の担当者(=DOさん)と情報交換や交流、雑談もできるので、それによって自分の表現や、ページで出来ることの幅を広げられるようにしています。

 

運営を支援している中で、『DOさんならでは』と感じることはありますか

フットワークの軽さですね!流行に敏感な人が多いですし、色々なところへお出かけしている人が多いです。常にネタ探しをしているともいえるかもしれません。

例えば、小物を担当しているDOさんは、いつでもどこでも商品を持ち歩いて、旅行に行った時もきれいな景色の中に商品を置いて写真を撮ったりして、シャッターチャンスを逃さないようにしています。あとは、DOさんならではと思うのは、自宅で座談会を開いて、その商品を使った感想を聞いてみよう!という企画ができることです。

以前、赤ちゃんのいるお母さん方に集まってもらったこともありました。それができるのは、台所フォーラムを開催する力を身に着けていて、人脈が広いDOさんならでは、だと思います。私も時々友人に出演してもらったりします(笑)

 

ソーシャルメディア開設・運営に興味をお持ちの企業様へのメッセージはありますか

「ソーシャルメディア開設・運営」は生活者とリアルなコミュニケーションが取れる場です!

メーカーからの視点ではなく、生活者目線で商品をあらゆる角度から見て、使いこなせる主婦マーケター(DOさん)が商品の良い所、イメージを最大限にひき出します。主婦としても生活しているからこそ、みなさんが身近に感じたり、興味を持ちそうな内容を写真と文章でソーシャルメディアで発信することができます。

コメントから生活者の商品に対しての反応をくみとる事が出来ますし、既存商品への生の反応や、今後の新商品・サービス開発の芽としてお役に立てたら嬉しいです。ぜひ体験してみてください。

ソーシャルメディア開設・運営の詳細はこちらから
過去事例などもお気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。