You are here: Home » 事例紹介 » Facebook ケーススタディ » Facebookの新しい動画広告「スライドショー」で、静止画でストーリーを伝え、ファンを獲得する
Original Update by Rodger Evans

Facebookの新しい動画広告「スライドショー」で、静止画でストーリーを伝え、ファンを獲得する

静止画から動画広告が作れる

Facebookは、静止画をスライドショーのように表示する「スライドショー動画広告」の提供を開始しました。「スライドショー動画広告」とは、7枚までの静止画を最長”15秒間”で次々に表示させる形式の動画広告で、フィリピンやナイジェリアなど、ネット接続環境が悪い地域での効果的な広告表示を目的に開発されたものです。

ネット環境が充実している日本では、動画作成のコストが出せない中小企業などでもカンタンに動画広告を出せるという点で、注目を浴びています。

12056990_407046196160645_1580341939_n

出展:より多くの機器や通信環境に対応した動画広告が登場 | Facebook for Business

通常のFacebook広告にはサイズ的に適していなかった投稿写真も活用できる

今までの「ページへのいいね!」を獲得するためのFacebook広告は、推奨サイズが「1,200 x 444」でした。なので、Facebookページで投稿し、ファンからの反応が良かった投稿写真などを広告として活用する際は、トリミングしてサイズを調整する必要があります。

スライドショー動画広告では、サイズを①元の比率、②正方形(1:1)、③長方形(16:9)から選択することができます。つまり、今まで自社のFacebookページで投稿してきた写真の中から、7枚まで選んで、すぐに広告として配信できます。

スライドショー作成

通常広告と比較して、3倍の広告効果

弊社で運営代行を行っているコーヒー機器メーカー「メリタジャパン」Facebookページで、投稿写真7枚をスライドショーとして作成し、ページへのいいね!数獲得を目的とした広告配信を開始しました。

「コーヒーのある、ひととき。」をみなさんとより楽しみ、より彩るために、コーヒーファンのみなさんの”声”とコ&#x
30fc;ヒーにまつわる情報をお届けします。

メリタジャパン / Melitta Japanさんの投稿 2016年3月5日

こうしたスライドショー広告によって、1いいね!(1ファン)あたりの獲得単価を167円から50円にすることができ、通常広告の約3倍の広告効果がありました。

スライドショー広告事例

また、下記の2社でもスライドショー動画広告を配信し、高い効果を得ることができています。

お菓子メーカー: 280円 ⇒ 74円
輸入食品卸   : 160円 ⇒ 97円
※ページへのいいね!/1いいね!あたりの獲得単価

最大15秒なのでストレスなく視聴できる

自社で作成した動画ですと、どうしても長くなりがちです。Facebookでは、長い動画ほど最後まで視聴する人が少なくなります。スライドショー動画広告は最大で15秒の動画となるため、Facebookのタイムラインに最適な広告が出せます。

ドゥ・ハウスでは、【Facebookページの運営代行サービス】から【Facebook広告代行サービス】まで、幅広くご支援させていただきますので、お気軽にお声がけくださいませ。

 

 

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。
本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。