You are here: Home » ブログ » その他 » カスタムキャンペーンを設定して、メール・サイト上のURLクリックを測定する。

カスタムキャンペーンを設定して、メール・サイト上のURLクリックを測定する。

社内でアクセス解析の問い合わせで、最近増えてきているのが「メールやキャンペーンのランディングページにURLを載せたいのですが、キャンペーンごとにアクセス数をカウントすることはできますか?」という内容です。

Google Analyticsでは、元々参照元・参照元メディアの項目があり、どのサイトからの流入かを特に設定することなく確認することができますが、メールからのアクセスなどはこの項目で詳細に確認することはできません。 特定のURLに対するアクセス数を把握したい場合は、Analyticsのカスタムキャンペーン機能を使うことで解決できます。

カスタムキャンペーン機能

サイトのURLにパラメータを付与することで、Analyticsの「集客」-「キャンペーン」の項目に数値を反映させることができます。

パラメータの種類は以下のものがあります。

  • キャンペーンの参照元(utm_source)※必須
  • 検索エンジンやメール配信元、サイト名などの参照元を指定します。

  • キャンペーンのメディア(utm_medium)※必須
  • どのような広告メディアからの流入かを指定します。email、social、display、banner、cpcなど指定の文字を利用すると、Analyticsは流入区分を自動で認識してくれます。

  • キャンペーンのキーワード(utm_term)
  • 有料検索広告のキーワードをトラッキングする際に利用します。

  • キャンペーンのコンテンツ(utm_content)
  • 同じURLを参照するが、そのリンクの形式が異なる場合(画像とテキスト、広告文が異なるケース)にそれぞれを区分するために用います。

  • キャンペーン名(utm_campaign)
  • キャンペーン名を指定します。

例えば、https://www.dohouse.co.jpというサイトのリンクに対して

  • A・B・Cという広告媒体を利用
  • メディアはAとCがメールとバナー、Bがメールのみ
  • キャンペーン名は20151201

とする場合は

https://www.dohouse.co.jp?utm_source=A&utm_medium=email&utm_campaign=20151201
https://www.dohouse.co.jp?utm_source=A&utm_medium=banner&utm_campaign=20151201
https://www.dohouse.co.jp?utm_source=B&utm_medium=email&utm_campaign=20151201
https://www.dohouse.co.jp?utm_source=C&utm_medium=email&utm_campaign=20151201
https://www.dohouse.co.jp?utm_source=C&utm_medium=banner&utm_campaign=20151201

という5つのURLを作成して、各広告媒体にリンクを設定してあげれば、Analytics上でどの広告媒体のどのようなメディアから流入があったのかを把握することができます。
パラメータが長くなってしまった場合は、URL短縮サービス(https://goo.gl/)を使うと、メール文がすっきりまとまると共に、どんなパラメータを用いているのかをユーザに見られる心配がなくなります。

Analyticsの画面上だと以下のような表示になります。

campaign-menu

メニューでは「集客」-「キャンペーン」-「すべてのキャンペーン」を選択してください。

campaign-campaign

キャンペーン名での集計値です。utm_campaignで設定している値が反映されます。

campaign-source

キャンペーンの参照元の集計値です。utm_sourceで設定している値が反映されます。

campaign-media

メディアの集計値です。utm_mediumで設定している値が反映されます。(写真はemailの他にbannerを設定しています。)

campaign-media_source

このように参照元とメディアをかけ合わせた値なども確認できます。

カスタムキャンペーンを使うことで、様々な媒体を使ったキャンペーンを実施しても、どの媒体からのアクセスが多いのか、どの媒体のどのアプローチ方法が効果的だったのかを把握しやすくなります。ぜひご活用ください。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

株式会社ドゥ・ハウス 店頭マーケティングシステム部 マネジャ

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。