You are here: Home » サービス紹介 » プロモーションサービス » Instagramユーザーとタイアップし、商品利用者に商品価値をビジュアルを通してクチコミしてもらう施策のご紹介
Original Update by Travis Isaacs

Instagramユーザーとタイアップし、商品利用者に商品価値をビジュアルを通してクチコミしてもらう施策のご紹介

ソーシャルメディアが普及して日々何万もの写真がアップデートされている今日。コミュニケーションの手段も変わり、文字を使用するよりも画像や動画など“視覚的なイメージ”を用いて表現することが多くなりました。

株式会社ニコンも、“視覚的なイメージ”でコミュニケートする新世代を“ビジュアル世代”と名付け、彼らが最新一眼レフを駆使してより良いショットを撮り、より良いコミュニケーションが図れるような施策を実施しています。

今回は日本最大のInstagramユーザーグループ「InstagramersJapan(IGersJP)」とタイアップし、彼らのInstagram上での作風に合わせて商材やサービスを表現してもらうことで、商品価値をビジュアル訴求していく施策をご紹介いたします。

Instagramers Japanとは

InstagramersJapan(http://instagramers-japan.com/)は、Instagramを愛用する日本最大級のユーザーグループで、世界中で展開しているユーザーグループInstagramers.comの公認組織です。Instagramを通じて、展示会やフリーペーパーの刊行、ウィークリーコンペや各種イベント等を主催しております。
※Instagram社との資本関係や取引関係はなく独立したユーザーグループです。

画像①

ドゥ・ハウスでは、InstagramersJapan所属メンバーに対して、彼らのInstagramの作風に合わせて商材やサービスを表現してもらう展開や、ハッシュタグを活用した写真投稿・動画投稿キャンペーンの展開、作品を集約した企画展開などが実現可能です。

事例のご紹介(ペルノ・リカール・ジャパン株式会社)

2015年夏にペルノ・リカール・ジャパン株式会社のジェイコブス・クリークというワインでInstagramersJapanとのタイアップ企画を実施いたしました。

InstagramersJapan所属メンバー100名に対してスパークリングワインを1本ずつサンプリングし、商品の写真を撮影した後、自身のInstagramアカウントで投稿してもらいます。それとともに投稿作品から、優秀賞を選定するコンテストも実施しました。結果、下記のような質の高い写真が2週間で200枚以上、商品の感想と合わせてInstagramにアップされ、彼らの作品を通し、スパークリングワインのオシャレで清涼感あふれるイメージが訴求できました。

画像2

投稿された写真には、「おいしそう!飲みたい!」などポジティブなコメントが数多く寄せられています。

画像3

クチコミの二次利用

投稿した写真(クチコミ)は、公式サイト、ソーシャルメディアでのご紹介や広告画像として二次利用もできます。ペルノ・リカール・ジャパン株式会社では、ジェイコブス・クリークの公式Instagramアカウントで集まった写真をリポストすることで、ファンとのコミュニケーションの活性化に活用しています。

画像4png

 

このように、スマホのカメラ機能やデジタルカメラ、一眼レフカメラなどの性能向上により、質の高い写真をアップされている方がInstagram上には多く存在しています。彼らに商品をビジュアルを通してクチコミしてもらうことで、Instagramユーザーに商品価値をより訴求することができるのです。

ドゥ・ハウスは、【Instagramアカウントの開設・運営サービス】から【InstagramユーザーとタイアップしたPR施策】まで、幅広くご支援させていただきますので、お気軽にお声がけくださいませ。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。
本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。